読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

ワラチャン!~U-20お笑い日本一決定戦~

 日テレ開局60周年の特番やから、もしかしたら「今年限りの大会」かも(困)日テレ得意の"前方の客席の「サクラ」笑い"や"審査方法(視聴者投票が殆ど+プロの審査員の持ち票が少なすぎる)"に不満があるから、別に来年以降どうなってもええけど(怒)視聴者投票は、2択の「イイネ」・「イマイチ」のどっちか!最終決戦は、記名投票でした。ベスト3が、最終決戦に進めるようですな!イイネが(OK)の絵文字、イマイチが(ダメ)の絵文字です。<下線>殆ど素人の芸人が多かったから、甘めに採点しました(汗)
<決勝>
ラパンジール 55(OK)
からし蓮根 60(OK)
○出口・入口・堀ぐっちー 56(OK)
扇 62(OK)
たかまつなな 51(ダメ)
○ドラッパ 60(OK)
粗品 64(OK)
ガンキン 59(OK)
<最終決戦>
出口・入口・堀ぐっちー 56
☆ドラッパ 60
たかまつなな 54
 決勝から。ラパンジール(コンビ・漫才)は、まあ"オチを言いたいだけのまとまりにも見えた"けど、年齢の割にはええんちゃう?(笑)からし蓮根</色>(コンビ・漫才)は、(「やり直し漫才」="○○で来て"は)「プロ並みの構成」やな。出口・入口・堀ぐっちー(コンビ・漫才)は、小学生と中学生やのに"「ネタ運び」に余裕がある所"は、凄いな(ドクロ)ただ"ツッコミが早すぎるくだり"が、一箇所あったな・・・扇(コンビ・漫才)は、「あざとさ」はプロ並みやな(大笑)"アルピーがやりそうなネタ運び"やし、"アルピーの劣化版"に見えた!「演技力」は、相当なもの(拍手)僕の中では単純に「技術」だけで言えば、今日一番良かったグループでしたね(燃)エンタなどで既にある程度世に出てるたかまつなな(ピン・フリップ芸)は、時々ええくだりがあるけど、"連続性のある笑い"ではないな(落ち込み)M-1甲子園か何かで優勝経験のあるドラッパ(コンビ・漫才)は、ほんまに「しゃべくり漫才」やな!!"ベテラン漫才コンビのテクニックを持ってる"けど、ボケが弱いのが、難点(困)本当はコンビ(霜降り明星)やけど、相方が20歳以上という事でピンで出場の粗品(ピン・フリップ芸)は、「ネタに一貫性が無い」のが"イラッと来る"けど、こんだけ畳み掛けられたら!!ガンキン(コンビ・コント)は、悲惨な結果でしたが、"発想は良いけど、もう一声欲しい"かな(笑)
 中学生以下やから、生放送の出演は出来ないから、その事態を想定して予め収録したネタをオンエアという「不利な措置」(怒)の出口・入口・堀ぐっちーは、既に松竹芸能所属らしく"前半の「ネタ運び」"が、先輩のまえだまえだと一緒・・・最後の方のくだりは、"誰かが入れ知恵した感じ"やし、"漫才って感じがせん"けど、ああいうスタイルもありといえば、あり(ウインク)ドラッパは、ただ"他人のネタを漫才の一部のくだりにパクる"のは、どうやろ?(怒)まあ「よくまとまってる」けどな(笑)たかまつは、"理事長がうちの親"のくだりは、読めた・・・最終決戦は、フリップを2枚にしたのとフリップ→「恋愛一人コント」になったくだりは、"「展開」の仕方次第"やったな!ただそこまで"意外性のある展開やなかった"な(落ち込み)しかし優勝は、彼女の下に(拍手)