読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

ABCお笑いグランプリ 2013年

和牛 56
ジャングルポケット 64
シソンヌ 55
プリマ旦那 57
アイロンヘッド 66
GAG少年楽団 65
ジグザグジギー 65
天竺鼠 68
{クラッカー}ジャルジャル 69{まる}
 <大><太>吉本</太>強し</大>{困った}<色:#660099>ファイナリストの中で<太>マセキ芸能社ジグザグジギー</太>を除けば、全てよしもと・・・</色>ただ今回は、<色:#666600>「吉本の貫禄を見た!」という感じかな、参りました</色>{すいません}<小>さらばが決勝に来れんかったんは、ゴタゴタ騒動が原因かな?</小>{悲しい}
 <太>和牛</太>は、"片割れだけがマイクから離れる"のは「新しいスタイル」やけど、<色:#009933>"笑い"自体は"古い感覚に捉らわれてる"</色>と感じました{落ち込み}<下線>アウェー?の東京からの参戦のコンピュターシティさん待望</下線>{ウインク}の<太>ジャンポケ</太>は、<大>もうちょっと"意外性が欲しかった"な。</大><下線>斉藤慎二 のツッコミの言葉が、若干物足らんかったかな・・・</下線>知らんって事は無かったけど、あまり印象に残ってなかった<太>シソンヌ</太>ですが、「逮捕される予定の人(容疑者)が連行される時の服を買いに来た客」のネタでしたが、<色:#ff6600>"店員は客が容疑者という事が分かっていて接客する"というのがポイントやし良かったけど、</色><大>ドカンというのが無かったし、"お笑いを普段から観てる人"にとっては、そんなに「発想の良いネタ」という感じやなかった</大>{汗}<太><特大>が、</特大></太><下線>意外に高得点で驚きましたね</下線>{ドクロ}<太>プリマ旦那</太>は、"漫才コントで中々本題に入らない"というシステムは、ようあるしな・・・何気に期待してた<太>アイロンヘッド</太>は、<大><太>まあ良かったでしょう</太></大>{笑顔}やっぱり<色:#ff0000><大>"オーソドックスとシュールの間"で僕を含めた皆さんが一番ハマるポイント(ツボ)のスタイルやったと思うんです!</大></色><斜>でも4段階評価するなら、"A"は付けられんなぁ</斜>{汗}<太>ジグザグジギー</太>は"「出欠確認」のネタをすれば優勝もあるかも!"と思ったら<斜>そのネタで来ました</斜>{笑い}<特大>名作やけど、<太>客ウケが意外に無かったなぁ・・・</太></特大>あと<特大>オンバトYou Tubeの"名前の羅列"の方が、良かった</特大>{炎}<色:#000099><大>昨日の外国人の名前が出て来るくだり(ネタ)の方が、良くなかった・・・</大></色><色:#0000cc>天竺鼠</色>の方が、<下線>個人的には好きやった</下線>{ウインク}<太><特大>ただ感情を排除して、"評価する"となると、</特大></太><斜>予選通過通り</斜><下線>のジャルジャルの方が、1点上やった</下線>{困った}「3つ(オーディション・中華料理屋・刑事)のコント」というネタ!<下線>KOCでのトップリードの1回目のネタ「邪魔」と似てたけど、</下線><色:#996600>トップリードとの違いは"「舞台セット」も3つ用意した所"ですな</色>{ウインク}<特大>「今までに見せた事が無い天竺」という感じやったけど、"天竺ワールド"というかテイストは残ってました</特大>{笑い}<特大>素晴らしい!!</特大><色:#ff0000>ジャルジャル</色>は凄い接戦やったけど、<太><大>福徳の"存在しないことわざ"が無ければ、天竺より下やった!</大></太>スレスレの優勝やな・・・ただやっぱり<色:#660000><太>"コントの口調(やり方)で漫才してる"</太></色>{汗}何か<色:#ff6600>"よそ行きの服で漫才してる"と感じる感じがするので、「漫才の技術」としては、まだまだ!!</色><特大><太>ただくだりによって、"ボケとツッコミがしょっちゅう入れ替わる"のが凄いと思うし、この技術はとても在ると思いました</太></特大>{炎}
 <大>意外と?</大><下線>ジャルジャルってタイトルが、少ないんですよ~</下線>{汗}2007年のNHK新人演芸大賞ぐらいでしか、優勝してないんですよねぇ・・・<太>だから大きい大会で優勝したんは久し振りでしたし、2回目なんですよ!</太>だから<特大><太>「1位通過」と"ラストチャンス"やアンチが多いというプレッシャーの中、よく頑張ったと思いましたよ</太></特大>{拍手}「まだまだ出来るコンビ」やと思うんで、おめでとう!は言いませんが・・・