読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

あっちも復刻こっちも復刻

f:id:forever545kb:20160702191004j:plain

 「懐かしいでっしゃろ?」真ん中のマスコットは、2004年まで存在していた"大阪近鉄バファローズ"のマスコットキャラの「バフィ・リード(バフィ)」です!今回のオリックスの復刻試合は、"大阪ドーム移転後の近鉄復刻"です(大笑)従って僕が一番慣れ親しんでいた「黒のユニと帽子とのホーム用ユニ」の復刻です(まる)しかも対戦相手は、2001年に日本シリーズで対戦したヤクルトスワローズ!!ただヤクルトも、球団名が当時はヤクルトでしたが、今は東京ヤクルトですけどね(汗)2001年のリベンジを12年振りに果たそうってか(ウインク)とにかく、バフィは「お帰りーっ」で、凄い人気でした!普段から出し惜しみせんと、もっと出せばええのに(怒)ただこういった復刻企画がないと、厳しいですけどね(困)いや、ネッピーに比べると、出番が少なすぎるんで(爆)「ドーム時代の近鉄」って"プロ野球の歴史的に観ても"というのと"僕らぐらいの世代"になったら"そないに古い話やない"けど、突如数ヶ月の騒動で消えたチームやし、"人によってはやや懐かしい・新鮮な域"に入るやろね(汗)全面的には近鉄の応援歌の1つやった『Dream&Pawer』がよく流れてたし、近鉄晩年の曲『レッドdeハッスル』も流れてたし、企画のコンセプトとしては"ドーム移転後"というより「2000年代の近鉄の復刻」と言って良いでしょう(笑)トークショーのゲストは、憲史(川口憲史)[近鉄楽天]氏!!近鉄時代は、1999年から徐々に台頭し"対右投手時起用"での「準レギュラー」(汗)2000年は恐怖の2番も長くは続かず、二軍落ちも経験(困)前年の横ばいか少し落ちた・・・しかし!2001年は、「対右限定起用」であるが、DHのポジションを獲得!キャリアハイの率.316 21本72点(まる)翌年以降は、起用の幅を広げる為に外野だけでなく一塁起用も!しかし武器の「打力」は年々落ち、楽天移籍後は危なげながらも、「代打の切り札」として野球寿命は何とか延命(笑)僕もその2001年に"対右投手時しか起用されてなかった事"にツッコみ、Bsステージでは初めてOB選手に質問をぶつけましたが、憲史さん曰く「正直左投手でも起用して欲しかったですけど、右打者の鷹野(史寿)さんも打ってましたからね、しょうがなかったですね」とおっしゃられてましたし、その様な選手だからとおっしゃられてました(汗)答えにくい質問に答えて頂き、ありがとうございました(すいません)覚えてなかったけど優勝決定試合のホームランを打ってんやな(ドクロ)北川の優勝決定ホームランの"お膳立ての二塁打"は、覚えてるけど(大笑)

f:id:forever545kb:20160702191036j:plain


 前売りで買えば、鞄が貰えるっちゅう事で、「まぁ1度ぐらいは、一番声を枯らして応援した時代の復刻も外野で応援したい」というのもあり、セレクトチケットで買っても良い勝負で最安値の「外野自由席」で応援(メガホン)「"1~9"の懐かしのヒッティングマーチ」やDream&Powaerで試合開始前からもうウルウル(涙)それどころかいつもカンカンセンの楽しみにしてるはずの「Bs ステージ」でもレッドdeハッスルやDream&Powaerでもウルッと来てたし・・・
 試合の方は、もう僕の携帯写メや動画などがメモリーいっぱいなんで、それらの不要なものを事前に消してなかったのも悪かったんですが、近鉄が3回・4回辺りの守備の時はそれらを必死に編集してた為に、結構荒っぽく観てました(すいません)ただ近鉄の先発投手やった西って、"打たれ出すと際限無くなり、引きずるタイプ"やなぁ(落ち込み)先週もそうやったし!しかも"ツーアウト取ってから大量失点"とか!!もったいないよなぁ(落ち込み)一方、ヤクルトの先発投手・ラルーは、よく判りませんねぇ(汗)ただ6回途中にやや乱れ、先にリスクを回避したか!?小川監督、ここで"昨年と今年ケガで戦線を離れる前まで守護神やった(力こぶ)"バーネットに投手交代が、裏目・・・う~ん、「本来の調子が無い」のか、"猛牛打線の魂が乗り移ったのか"近鉄が、「6回裏に7得点」とビッグイニング(拍手)近鉄としてはラルーを代えてくれて、助かりました(ウインク)で、6回を終わって10―8。キッシー→佐藤達→平野佳とキッシーか比嘉がケースバイケース以外は、"いつも通りの締め方"(OK)ただ「勝利の方程式」にこだわりすぎると(略)もう近鉄もヤクルトもほぼ全員が、「絶好調」で"乱打戦の打ち合い"となり、まさに"大味な試合ばっかりやった近鉄らしい"「2000年代の近鉄を彷彿とさせる試合」でしたし、"大味な試合まで復刻"させてしまいました(笑)(大笑)「そんな伝統」まで生きてて、"そんな所まで復刻させんでええ"っちゅうねん(ウインク)決勝打を放ったのは、"剣が峰に刺さってる"捕手・内野手の辻!DH起用も、ここまで無安打と「全く期待してなかった」のに、去年までのボールなら捕られてたかも!のレフトオーバー2点タイムリーでした(ウインク)近鉄の生き残り戦士・グッチも、何とか一矢報いヒットを放ったし、彼が無安打に終わるのだけは、嫌やった(炎)大阪近鉄10○―8●ヤクルト!2001年の日本シリーズのリベンジを果たしたで!といいたい所もあるけど、今年の神宮での白星を入れても、4勝5敗(←2001年に近鉄はヤクルトに1勝4敗で日本一を逃している)で、それでも負けてるかぁ(爆)2年前みたいに劇的にサヨナラやったら、また大号泣でしたが、今回はウルッと来ただけ・・・ただ近鉄時代と違って試合終了後は、近鉄バファローズの歌やなくて、またDream&Powaer(汗)少し(イラ)っと来たけど、またそこでウルウル・・・次回の8月は、ユニをじっくり堪能し、金券ショップで「ネット裏指定席」で購入し、「まったり観ようかな」と考えています(笑)大阪近鉄ファンそして昔からの近鉄ファンの皆さん今日はおめでとうございます&ええ日でしたね(クラッカー)