GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

予想が

 悪い意味で的中しましたな{悲しい}過去に<斜>「週べ読者アンケート」</斜>に書いた<色:#996600>"侍ジャパンは、3連覇出来るか?"</色>の<特大><太>アンケートに「出来ない」と答えた僕の予想</太></特大>が・・・日本●1―3○プエルトリコ・・・敗因はいくらでもあるでしょうが、一つ気付いたんは、やはり<色:#ff00ff>"ストライクゾーンの広さ"</色>でしたわ{困った}<下線>「えっ!あの球がストライク!?っていうボールがありましたもん(特にアウトロー)!!」</下線>{汗}<太>「どんだけ低かったり、外の方やねんな?」って思いましたもん・・・</太>松田や井端も苦しんでました!<大>特に顕著やったんが、7回裏で代打で出場の長野・・・</大><色:#009933>2球目の(日本なら、ボール球)「見逃しストライク」で"完全にストライクゾーンを見失って"、「我を忘れてスイング」してました</色>{困った}それと<大>皆さんと一緒で</大><下線>押せ押せムードの中での一死、一・二塁での一走・内川(ソ)の走塁死</下線>ですが、あれは<色:#ff6600><特大>"専門家から観ると"<太>「凄く高レベルな話」</太></特大></色>らしいです{ドクロ}<下線>ダブルスチールの際は、</下線><太>"塁が詰まってる為、うしろのランナーは前のランナーがスタートを切ったのを確認してからスタートを切る為、どうしてもスタートが前のランナー(二走)より遅れる為、アウトになるまい!と普段より懸命に走る事になるらしいです・・・</太><特大><色:#330066>特に一・二塁の場合は、捕手がそれを知ってる為、ホーム(得点され易い塁)に近いサードではなく、「二塁に送球」した方が、アウトを取り易いそうです(スタートが遅れるから)!</色></特大><色:#ff0000><大>"僕はダブルスチールで、「何でサードに投げへん事が多いんやろな~?」って思ってたんですが、二塁へ送球する事が多いのには、そういう意図が在ったんですねー!!!</大></色>初めて知りました{ドクロ}<特大><太>内川は「僕はスタートが遅れる分、懸命に走らなければならない!」というその心理から、ああいうプレーに繋がったらしいです!</太></特大><下線>というのを現役時代は</下線><大>多少</大><下線>「走り屋」で鳴らしただけあって、解説者の亀山氏がおっしゃってました</下線>{OK}改めて勉強させてもらって、ありがとうございました{すいません}やはりオランダ戦以外は、基本<斜>"ピストル打線"</斜>やったんで、<大><太>ほんまにええ投手やと「そうチャンスは無かったな」という試合</太></大>でしたな{困った}<太>今回の結果に胸を張ってええけど、</太>戦犯は壮行試合まで絶好調やった松井稼頭央かなぁ・・・<下線>壮行試合まで絶好調やったのに、もったいない・・・</下線>個人的には、3・4位(準決勝進出)の<色:#ff0000><特大>MVP(立役者)</特大></色>は、<大>井端</大>!!<色:#ff00ff><大>"陰のMVP"</大></色>は、防御率0.00の<太>牧田(西)</太>ですね!
 あと<斜><太>3連覇を逃して、気付いた事</太></斜>がありません??皮肉にも<下線>「WBCなどの国際大会に出場した際に戸惑わない為」に導入した</下線><特大><色:#ff0000><太>"統一球を導入してから敗北を喫してしまった"事</太></色></特大>ですよ{困った}<太>皮肉にも統一球を導入したのに、返って負けてしもたって事ですよ</太>{汗}僕は統一球賛成派やけど、"ボールはあんまり関係無い"という結論が、出てしまいました{困った}しかも<大>今回から優勝国でもなくなったから、</大><色:#ff6600><太>「質の良い日本のボールを使え!」とも強く言えなくなる立場になってしまいましたよ・・・</太></色>はぁ{ダッシュ}上手く行かんもんやねぇ{悲しい}
 でも!<色:#0000cc>"結成当初よりは試合を経るごとに"良いチームになって行った"のは、確かです</色>{炎}それに<大>"追い込まれてからの日本の強さ"は、感じました</大>{まる}<特大><太>侍ジャパンの選手の皆さん、首脳陣の皆さん、裏方の皆さん、本当にお疲れ様でした</太></特大>{拍手}