GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

上方漫才コンテスト予選 2日目(1/23分)

ヤング(漫才)「人を紹介したい」 C
アピッツ(漫才)「一番テンションが上がる日」 C
サムタイムズ(漫才)「学生時代の友達と再会」 D
斉藤紳士(ピン・一人コント)「美容研究家」 C
ダブルアート(漫才)「お前は太ってない」 C
ユウシテッセン山本(ピン・一人コント)「テスト勉強」 B
メガモッツ(漫才)「ファミレスの店員をやってみたい」 B
かりんとう(漫才)「悩んでる」 C
おいでやす小田(ピン・一人コント)「記号を使えば、メールが楽しめる」 B
カーニバル(漫才)「○○になりたい」 D

りんごあめ(漫才)「相方のメイドカフェ店員の面接をしてみる」 D
バンビーノ(コント)「ピッスッキリ体操」 C
かたやまどぅー(漫才)「筋肉を付けて最強コンビになりたい=ボディビル」 D
よふかしイエロー(漫才)「信じられる・信じられない」 B
タナからイケダ(漫才)「部員と後輩マネージャー」 B
ミルクボーイ(漫才)「野菜を貰う・服脱ぎのツカミ→田舎の環境に憧れる」 C
ウーマンラッシュアワー(漫才)「ストレス発散法」 A
GAG少年楽団(トリオ・コント)「うちの兄ちゃん」 A
Dr.ハインリッヒ(漫才)「○○を信じますか?」 B

クロスバー直撃(漫才)「ツカミ(アメリカンジョーク)→最近の子どもの名は難しい→学校の先生が大変→出欠確認の"漫才コント"」 B
まぁ~ライオン(コント)「ヤンキーの決闘」 C
カブレラ(コント)「居酒屋」 A
ムービーズ(コント)「お見合い」 C
安田由紀奈(ピン・一人コント?漫談?←定義が難しい)「プロボクサーのパンチを撃つ時の掛け声"○○知らん!"・"○○うるさい!"」 D
もっこすファイヤー(漫才)「歌に前の口上や相の手を入れる」 D
回転ハッスル(コント)「ハッスルテレビショッピング」 B
Mr.マイク(漫才)「サプリメントを飲んでから・・・」 B
フラワーオブロマンス(漫才)「外国人が困っていたら?」 D

かりすま~ず(漫才)「矢沢永吉浜崎あゆみのもの真似などを入れた」 C
アインシュタイン(漫才)「財布を失くした」 B
衹園(コント)「新聞部」 A
栗尾(ピン・一人コント)「ファンタジーコント ネコの恩返し」 B
金属バット(漫才)「家の電気を使いすぎてる原因は?」 A
学天即(漫才)「甥に弁当を作ってあげたい」 A
イグニッション(漫才)「朝食はパン派かご飯派か?」 B
ミラクルチャップリン為永(ピン・一人コント)「昔話」 D
ヒコロヒー(ピン・一人コント)「追試」 D
ヘンダーソン(漫才)「ギャル男やからクラブでナンパしたい」 C

アッパー&カット(漫才)「悩み事がある」 C
パンダスティックランマー(漫才)「男か女か分からないのと名前を覚えてもらえないから、尻文字で」 D
ワイルドピッチ(漫才)「相方へ感謝の気持ちを伝えたい」 C
コーンスターチ(漫才)「遊園地の3Dアトラクションの店員をしたい」 C
シンポジウム(トリオ・漫才)「驚く事があった」 D
ななまがり(コント)「幼なじみが交通事故に遭い、慌てふためく男と全く関係の無い人」 B
吉田たち(漫才)「弁当のおかずの交換」 C
ビタミンS(漫才)「妹に"合コンに来て"と頼む」 C

雷ジャクソン(コント)「聞き上手」 A
肉帝国(漫才)「剣道というスポーツはおかしい」 D
みわこたに(漫才)「尻取りって面白いかどうか?」 D
にしね・ザ・タイガー(ピン・フリップ芸)「大洋(太陽)がいっぱい→こんな言葉を残して言ったポンコツ横浜ベイスターズの助っ人外国人選手」 C
ステ味ドロップ(漫才)「おばあちゃんになった時にロケのレポーターをやってみたい」 C
村瀬みちゃこ(ピン・一人コント)「弥生時代の人が、訴えたい事」 C
ミラクルスパイク(漫才)「昔話は曖昧で伝わりにくい」 B
ミキ(漫才)「弟が危険な目に遭ったら、助けてくれるか?」 D
ハブ(ピン・一人コント)「タイツの可能性」 C
にほんしゅ(漫才)「"あっち向いてホイ"に面白くなる要素を取り入れる」 C

和牛(漫才)「節分の恵方巻きのシステムを教えて」 C
パニーニ(コント)「Aボタンを押して飛ばしても話が分かるコント 名探偵」 B
ダンクシュート(漫才)「財布を落とした」 D
モンスターエンジン(漫才)「ヤンキーを説得」 B
ヒガシ逢(オオ)サカ(コント)「受験勉強の子と母親」C
ミスオーダー(漫才)「お互いの学生時代の話」 D
インディアンス(漫才)「トレジャーハンター」 C
地獄の遺伝子(漫才)「相撲の行司の1日」 D
キャンディスタッド(漫才)「取り調べをメイド喫茶の店員がやったら」 D
ステレオ太陽族(漫才)「兄弟げんかをやってみたい」 C
 アピッツは、<下線>"オチは良かった"けど、何か惜しい</下線>{汗}斉藤紳士は、<色:#996600>"まさかのハプニング"</色>で<大>「進行役のかたが、暗転中にエントリーナンバーと演者を紹介する」</大>んですが、<太><特大>"フライングでネタ開始"</特大></太>{困った}去年も斉藤は同じミスをしてたし{怒}<色:#330099>彼はスタッフとの打ち合わせの話をよく聞いてないんでしょうか?それともそれだけはやる気持ちを抑えられなかったか、気合いが入りまくってたんでしょうか?</色>{汗}<下線>去年もフライングした時は、一旦司会のかたが"影響しない程度のタイミング"でネタを止めたんですが</下線>{落ち込み}今回は、止めにくかったですし、止めんかった方が良かったとは思いますが!<斜><太>何か僕としては、"フライングした"事ばっかり気になってて、ネタにあまり集中出来ませんでした</太></斜>{すいません}ネタの方は、"喋り方が変なだけ"に聞こえました{汗}ダブルアートは、<色:#ff6600>ちょっとスタイルを変えて来たような・・・</色><下線>ウケてたけど、意外性が無い!</下線><太>ユウシテッセン山本</太>は、<色:#999900>"陣内智則の劣化版"</色>やが・・・<太>メガモッツ</太>は、<大>"若手漫才グループがよくやるファミレスのネタ"</大>でした{ウインク}が、<色:#ff00ff><太>「僕が考えうるボケの予想」を超えました</太></色>{拍手}<下線>「ファミレスの漫才コント」は、中古で買ったCBC制作のかつて在ったネタ番組『イエヤス』で</下線><色:#009966><大>三拍子</大></色>が、<大><太>"座席の方お熱くなってるので、お気を付けください"</太></大><下線>というボケのくだりがかつて在ったんですが、</下線><大>「もしかしたら知らずに同じボケを言うかあるいはパクって言うかな?」と予想したんですが、</大><下線>その予想を超えて</下線><特大><太>"(呼び出し)ボタンの方、お熱くなってるのでお気を付けください"というボケ</太></特大>をして来ました{笑顔}といった具合でしたが、<下線>「ネタ運び」は"漫才コントの典型例"</下線>やったけど、<斜>所々意外性が見られたので</斜>"B"{ウインク}<太>おいでやす小田</太>は、ちょっと噛んでたな{汗}個人的にはCやが、あんだけ他の客にウケてたら・・・<斜>昨年フジが1度ロケットライブでまさかの大抜擢の</斜>カーニバルでしたが、<大>意外とウケてた</大>{ドクロ}もう少しウケてたら、Cを付けてましたが{汗}

 バンビーノは、個人的には<色:#666600>"リズムネタ押し(圧し)"だけでは、しんどい</色>{困った}<太>タナからイケダ</太>は、一度観た事があるネタでしたが、まあ良く出来てるので・・・ミルクボーイは、<下線>出番前に駒場孝とトイレで遭遇し思わず「あっ。」って言ってしまいましたが</下線>(→関係の無い話ですが、違う時間にも和牛の川西とアインシュタインのいなだとインディアンスの田渕章裕とも遭遇しました)<下線>、駒場氏も反応してくれまして直ぐにミルクボーイという"コンビ名がいざという時に出て来ない"ですね</下線>{汗}<大>去り際に「ミルクボーイ」と言ってしまいました</大>{困った}<色:#0000ff>あまり出番前とかに話掛けん方が、ええかと思いますが(爆)</色>ネタは去年と一緒でしたし、意外性が・・・<太>ウーマンラッシュ</太>は、<太>THE MANZAI以降テレビやライブで観ていないかたには新ネタ</太>ですが、僕はライブでは観ていないものの年末年始でテレビで知ってるネタ{ウインク}<色:#0099cc><大><太>"同じストレス発散法"のネタでも、THE MANZAI時とは全く違うネタ!</太></大></色><色:#ff9900><太>知ってるくだりやけど、客ウケは中々のもの</太></色>{OK}<太><特大>僕の評価はBでしたが、この日の一番の収穫や最も印象に残ったんが、彼女達です</特大></太>{炎}<大><色:#000099><太>Dr.ハインリッヒ</太></色></大>!!<下線>POISON GIRL BANDタイプの低テンションで"完全な発想型"</下線>{OK}<大>ただ「全部同じパターンやった」んで、"テンドンが少し勿体なかった"な・・・</大><特大><色:#ff0000>それが無ければ、"A"を付けてたな</色></特大>{笑い}<特大>噂には聞いてましたけど、先のTHE MANZAIでも評判になってて、準決勝までは来てますしね!</特大>

 <太>バー直</太>は、<大>ジグザグジギーの「出欠確認」のネタに類似</大>{汗}<太><特大>ただジグザグジギーに比べると弱い</特大></太>{ダメ}<色:#ff6600><太>もう一工夫要る</太></色>{落ち込み}<太>カブレラ</太>は、<太>"緊張</太>(二人が居酒屋で喧嘩をしているから、多少は観客も感情移入するから、「ハラハラする」という緊張)<太>と緩和</太>(喧嘩をしていたが「誕生日のサプライズやった」って展開で安心するという緩和)<太>の笑い</太>で、<斜>松本氏もよく使う技。</斜><色:#ff00ff>今流行りの「言動の不一致」による笑い</色>{汗}<下線>うしろシティみたいに</下線><太>"松竹テイスト"</太>やな{ウインク}<斜><太>ほんまは誕生日サプライズがありがちやったからBやったんですが、</太></斜><小>松竹な分ハンディやと思い、</小>"僕1人がAを付けた所で"彼らが決勝に行ける(略)ムービーズは<下線>"展開は良かった"けど、"笑いが少し足りない"</下線>{汗}そしてまさかのレッドカーペット{怒}で"やや一世を風靡していた"もっこすファイヤーの登場{汗}記憶の端の方にやや残っていましたが{ウインク}<大>古い!クドイ!!</大><下線>お年寄りにはウケてたけど、もう1つ笑いがあればCやったけど・・・</下線>Mr.マイクは、「実験的なネタ」やったな。

 かりすま~ずは、違う道(もの真似芸人・もの真似番組)とかに行った方がええ{ダメ}<太><大>←ダメという事やない、立つ場所が違うという事・・・</大></太><太>アインシュタイン</太>は、"「あっ、そう言えば」のシステム"が、多いな{汗}<太>&#34937;園</太>は、<色:#ff9900>劇っぽい</色>{汗}<太>栗尾</太>は、"ありがち"やったけどオチもキレイで、<色:#996600>"発想的には飛んでた"</色>{OK}<太>金属バット</太>は、<大>こちらもポイガ!!</大>イグニッションは、去年と同じネタ・・・まぁ言葉遊びやな。ミラクルチャップリン為永は、<太>"言葉を消してた所は</太><特大><太>深い意味</太></特大><太>があるんか?"と思ったら、ただ"言葉と言葉の間に適当に入れてただけ"</太>やってんな{困った}ヘンダーソンは、ウケてたけど、<下線>こっち(僕)としてはありがち・・・</下線>

 アッパー&カットは、<色:#006666>"発想は面白い"んやけど・・・</色><太>ななまがり</太>は、<色:#ff6600><大>どうせなら"オチで繋がって"欲しかった、</大></色>そしたらAを付けてた・・・

 <太>雷ジャクソン</太>は、<色:#ff0000><大>"刑事と容疑者やった"っていう"展開"は、良い</大></色>{OK}みわこたには、<大>期待してたのに</大>{悲しい}にしね・ザ・タイガーは、<色:#660099>"一人版ストリーク"</色>{ウインク}<大><色:#660000>"野球だけに特化した"「ネタ」</色></大>{笑顔}<大>それも<太>大洋・横浜大洋ホエールズ横浜ベイスターズ</太>だけに限定したネタ!!</大><下線>私信で、「コンピューターシティさんがもし観てたら、バカウケやったやろうな!」と思いました</下線>{ウインク}<色:#0000cc>彼も初期の横浜のホーム用ユニを着て、ネタをしていました</色>{笑顔}確かにDeNAの話は一切出て来ませんでしたからこの方が良かったんですが、しかし<太>今どのチームか って示す為にも"横浜DeNAのユニフォーム"を着て登場して欲しかったような気もします</太>{汗}ステ味ドロップは、"演技力"が無ければ、"D"にしてる所でした{汗}村瀬みちゃこは、"唄ネタを入れたがる"なぁ{汗}<色:#666600><太>しかし!!"芸人らしく"なって来た</太></色>{拍手}<大><太>もう一笑いあれば、"B"を付けてた</太></大>{落ち込み}ハブは、何とあの<大><太>元Bコース(トリオ)のハブです</太></大>{ドクロ}<下線>芸歴としてはこの中では、ベテランでしょうが、一から出直しなんで・・・</下線><特大>まさかの大物登場ですな!!</特大>"あらびき団やレッドカーペットなら合格"なんやが・・・

 和牛は「新ネタ」でしたが、<色:#660066>ウケてたけど"意外性"が・・・</色><太>パニーニ</太>は、<太>素晴らしいし完成度は高い!!</太><色:#ff0000><特大>しかし出来すぎると、"策に溺れすぎてる"感じがするのは、"お笑いの不思議な所"ですなぁ</特大></色>{汗}<下線>2010年のKOCでのしずる1本目の「シナリオ」のネタみたいに・・・</下線><太><特大>策がズバズバ当たると、返って冷めてしまう部分もありますねぇ</特大></太>{困った}お笑いって難しいですね{汗}<太>モンエン</太>はツカミ以外は、<下線>腐る程聞いてる「去年と同じネタ」</下線>{ウインク}ヒガシ逢サカは、"ややテンドン"は、評価しにくい{汗}ミスオーダーは、「ここが笑うポイントやぞ。」という本人達の思惑が、外れてましたな{困った}<斜>パニーニ</斜><大><色:#330099>とは真逆で</色></大><太>"策がハマらんかった"</太>{悲しい}インディアンスは、<下線>"勢い"は凄いな</下線>{ドクロ}<太>地獄の遺伝子</太>は、「当て嵌め漫才コント」。キャンディスタッドは、"演技力はある"だけに・・・ステレオ太陽族は、まとまってはいたかな。

 2日間を集計しました所、<大>A:15組、B:38組、C:49組、D:22組と</大><太><斜>やや辛口?の評価</斜></太>になってしまいました{すいません}<特大>昨年は"無名でも、面白い・凄い・良いグループや人がたくさん居た"んですが、</特大><下線>今年はあまり居なかったですし、</下線><色:#009933><太>"売れっ子の貫禄を見た"という感じやった</太></色>かな・・・ハブみたいに「う~ん・・・」というのも居ましたが{汗}さぁ!来年もこの審査員に行く事になるんかなぁ{汗}