GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

第1回ytv漫才新人賞

 <斜>読売テレビ</斜>が上方お笑い大賞・笑いの超新星を改め、<太><大>漫才に特化した大会</大>を改めて開こう</太>という事で、創設されたらしいですよ{笑顔}吉本制作{怒}の番組で『漫才ラヴァーズ』の拡大版の中にこの大会を組み込んだらしい(っていうか、<色:#ff0000>吉本制作・審査員も吉本って時点で、予選審査は吉本有利になってるのは、明白やろ!!</色>[現にファイナルまで行ったんは、全組吉本]正々堂々と勝負せんかい!我ーっ{怒り}{怒り})。まぁ、<色:#ff00ff>ファイナル進出者が全組吉本やから、<特大><太>誰が優勝しても吉本になる</太></特大>から、事務所での出来レースはこの時点でありませんが</色>{ウインク}僕も余計な感情抜きに見れる!
ウーマンラッシュアワー 65
ミルクボーイ 52
ジャルジャル 56
プリマ旦那 50
スマイル 48
学天即 63
{まる}スーパーマラドーナ 66
{クラッカー}モンスターエンジン 51
 <太>ウーマンラッシュ</太>の「マクドバイトリーダー」のネタは、よう考えたら、<色:#000099>マクドを知ってないと解らんネタ</色>やなぁ という事にいまさら気付いたわ{汗}ただ早口を利用して、"スリムクラブのネタを1分でやる自信がある"とか上手く逆手に取ってましたねぇ{笑顔}<太>ミルクボーイ</太>は、二転三転するというボケの所を続けてボケるようになったくだりもありパターンをやや変えて来ましたな{ドクロ}でも別に感想無し・・・<太>ジャルジャル</太>は、<斜>やっぱりコント</斜>やな。<下線>まぁM-1の時の反省からか、最初の入りは漫才やけど・・・</下線>いや、<色:#ff0000><特大>俺はあれはあれで別に悪くないし、ええと思ってるし認めてるで</特大></色>{炎}ただやはりテンドンが、多いなぁ{汗}ダジャレ・発想の転換といった笑いのパターンも乱用しまくり{落ち込み}<色:#00ffff>ただジャルがやると少し違って見えるし、笑ったり・認めないと、観る側のセンスが無いんかな?という強迫観念も少し襲って来ます</色>{困った}発想の転換は、「飛ぶ」「そんな飛ばんでええって高さ」とか「止まりすぎ」「ちょっと動いて、動きすぎ」とか「腕を離せ」「話を話せ」の"はなせ"違いとか「(怖い方の)気持ち悪い」「(気分が悪い方の)気持ち悪い」の取り違いといったくだりが、そうでしたね。もう一声、欲しかった{月}<太>プリマ旦那</太>は、これといった所が・・・<太>スマイル</太>は、若干焦ってましたね。<太>学天即</太>は、面白かった要因は、やはり<下線>奥田のツッコミですね!</下線><色:#0000ff>スーマラ</色>は、まぁ爆発してた{炎}<斜>ただ今回のアレンジした「コンビニの女性店員に連絡先を渡したい」ネタよりも</斜><下線>元ネタの方が、ええと思うわ(2年前の漫才アワードでやったくだり)!!</下線><色:#ff0000>モンエン</色>は、<太>"やら・やり"のくだりを例に挙げるとボケが、長いですよね~</太>{汗}ここの客層は、ややユルかった(ゲラ)ですねぇ{汗}全体的にウケてるまでは、行きませんでしたが{ウインク}まぁユルいのとウケてるのとは、また違うので!まぁスポーツと違ってはっきりした世界やないですから、<小>それでもモンエンの優勝は多いに疑問</小>{汗}<下線>来年以降も吉本が主催の大会やったら、</下線>他事務所(松竹芸能ケーエープロダクション)は、決勝まで行けただけでも奇蹟、まして優勝なんて夢のまた夢やろうなぁ{悲しい}
 P.S 漫才に特化した大会をやるんやったら、<特大><太>コントやピン芸に特化した大会</太>もやって欲しいですよねぇ。</特大>

 昨日の<下線>オンバト</下線>の記事で書き忘れです{汗}<太>風藤松原</太>は、童謡<色:#006633>『グリーン・グリーン』</色>の{音符}<大><太>ある日ー</太></大>パパと二人でーっ の歌詞で替え唄のある日の所を<色:#666600>"アルフィーTHE ALFEE)"に変えるボケ</色>は、<大>他のグループでも観た事がありますなぁ</大>{汗}