GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

満員御礼!福島一丁目劇場

 というABC朝日放送のラジオ番組が、<斜>昨日で終わりましたね・・・2010年4月に土曜日19:00~不定期で放送されてた番組です。ABCは"野球(ナイター)シーズン中でも、開幕スタートから放送を開始せず、何故か6月頃からスタートし始める"という不思議な放送体制なんです(落ち込み)だからナイター真っ只中の時間でも、こういった落語番組が、存在した訳です(落ち込み)まぁ実は、僕は"この番組で「落語」に目覚めた!"という訳でもなかったんですが・・・ただかつてのテレビ番組やテレビでのワンコーナー「きん枝・八方の楽屋ニュース」やないですけど、"落語家のA級からB級ニュースまで"が聴けるのは、若干面白かったです(笑)し、この番組は「福島チョメチョメシアター」といった「小話」もありましたし!何より「その週のゲストの落語家のプロフィール紹介」だけ聴いたりもしてましたけど、それも面白かったっすね。
 さらにこの番組の終了間際の後半には、"落語家のゲストも底を尽きた"んか、今をときめく若手ピン芸人バイク川崎バイク・馬と魚・若手やないけど、ちゃらんぽらん冨吉)や漫才(学天即・和牛・見取り図・スーマラら)・コントグループ(せかいちず・GAG少年楽団ら)も、ゲストで呼ばれるようになってましたから、それも楽しみでした(大笑)最初「この番組を聴いていた大目的は、たまに・いつ来るか分からん落語家やないゲストの"色もん(漫才やコントやピン芸)"の若手ゲスト」でしたからねっ(ウインク)それと以前にも書きましたが、僕がこの番組の恩恵を受けたんは、チケットプレゼントに当選し、堺市民会館での吉本の若手ライブのチケットをゲット出来た事でした!ただその時書いた様に「収穫」は、殆ど無かったですが(困)その時の感想は、こちら↓
http://forever545kb.hatenablog.com/entries/2011/01/15
 ともあれ、パーソナリティの2人=支配人の桂文三(ぶんざ)師匠、喜多ゆかり(ABCアナ)氏、スタッフの皆さん、あの時はプレゼント<下線>ありがとうございました、そしてお疲れ様でした!!