読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

日本選手権第6戦

恐らく殆どの国民の皆様が言ってる様な「当たり前」の事しか言えませんが、「マー君も神様じゃない・人間なんだから」という事で、"いつかは無敗記録も途切れますから"ですな(汗)一方、菅野(巨)もよく投げました!"特に感じた事、無い"もん(ウインク)楽天●2―4○巨人。僕は1989年の近鉄V.S巨人を見てるんです!あの時は、近鉄が「3連勝の後4連敗した」んです(困)だから"追い込まれた時の巨人(打線)は、やはり怖い"んです(炎)それは身をもって、よく知ってます!!第5戦が終わった後、これは不吉な事やから言わなかったんですが、確かに"勝てる時に勝っとかんと、エラい事になる!"というのは「鉄則」ですが、"余裕が無いのは解りますが、楽天は数字上は、まだ1敗出来るのに、まるでもうあとが無いかの様な選手起用(6戦なら、マー君の先発起用ですね[汗])をすると、失敗するケース"もあるっちゅう事ですな(困)1991年の広島が勝負を焦り、敗退した例がありますからね(涙)あの時は、西武ベンチに「左殺し」の鈴木康友という用兵が居たのに、"エース級やから"という理由で川口和久をリリーフで起用し、その川口が被安打し、あとで「広島の投手起用が苦しくなった」事もありましたから・・・確かに西武時代の森監督も"日シリで1戦目を勝っても"、「これで5戦目まで戦える資格を得た」と慎重な姿勢を崩さず、「負の論理」・「常に最悪の事態を想定した采配」をしていましたが、"逆に言えば「3つまでなら、負けられる」という思考"でもあったようです(笑)「広島が勝負を焦ってくれて助かった、広島は、そこが抜けとったな」とも思っていたようです(ウインク)まぁ何を言っても終わった事ですから、予告先発投手は、前回好投した美馬のようですが、"出来が悪い"と思ったら、即座にレイなり則本なりを継ぎ込むこったね(OK)