読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

日本選手権第5戦

CSこそ好投したものの、シーズン中は去年より成績を落としてて、うちとのシーズン最終試合でも捕まった先発投手の辛島(楽)、でしたが、予想に反して大好投(驚)内海(巨)も好投してましたが!そして来ましたね(炎)「スクランブル登板」でリリーフで則本を起用!!仙ちゃんも"過去の普段着野球のこだわりを捨て"教訓を活かして、「勝利の方程式」にこだわらず、"先発投手をリリーフでという形"に!!則本はその采配に応えましたが、第3戦のレイにしても、北京五輪予選にしても、"仙ちゃんの引っ張り癖"も、出ましたね(落ち込み)北京の時は、"明らかに岩瀬を引っ張り過ぎでした"し、まだ「投手交代要員」は居たのに、中々代えんかった(困)あの時は、ベンチに結果を出し始めのスタートは、リリーフやった小林宏之(ロッテ―阪神)も居たのに、"まるで心中するかの様に"・・・ありゃ、いつの間にか北京五輪の話になってる(汗)話を戻すと、「これだけ球数放った」ら、また"則本はしばらく投げられんぞ"(ダメ)まぁ、"またレイを投げさせりゃ良い話"ってか(ウインク)それと9回裏一死、一・三塁の村者の「タイムリー投安」は、まぁ則本が打球に触れずにスルーしてたら、ゲッツーで試合が終わってたな(落ち込み)でも、"どうしても手が、出てまうわな"(ウインク)解説者は"イージー打球でしたね、マエケン投手も言った様に確かに「三振を獲ろうと全力(気持ちが入る)になると、どうしてもピッチャーへの打球は、投手が守備体勢に入るのが、遅くなる・守備への思いが後手になる」"しかし!このプレーでの則本は、責められんわな(×)巨人●2―4○楽天