読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

説明するまでもないかも・・・

 西武が、野球評論家の伊原春樹(春植)氏の就任を発表しました!!ご存知!「癖盗み」の"申し子"ですね(笑)昔某ラジオ番組で「プロ野球人名辞典」というコーナーが在りまして、そこでチラ聴きした記憶では、現役時代は"長嶋茂雄のフォームやプレーばかりを真似ばかりしていた"・真似ばかりしてたから、「全く実績を残せなかった」という話は、ありましたね(落ち込み)あと入団した球団が、黒い霧事件を引きずる"晩年の「西鉄」という雰囲気"でしたから、あまり明るいスタートでの現役生活やなかったんでしょう(落ち込み)巨人にトレードとなり、クラウンとしてまたライオンズに戻ってますから、現役時代の所属球団歴は、西鉄・太平洋―巨人―クラウン・西武となりますね!むしろ実力を発揮するのは、引退してからの"コーチ転身後"ですね(OK)もう何百回と再生されてるであろうあの1987年の日本シリーズ第6戦の「辻発彦(西武―ヤクルト)のセンター前のシングルヒットでの、一塁からホームへ生還」の"伝説の走塁"を実現させた、主役ですよね!三塁コーチとして(炎)このプレーを契機に彼は、"三塁コーチの重要性を知らしめた男"として「日本一のサードコーチャー」やら黄金時代を支えた「西武の頭脳」などと呼ばれるようになりました。それを裏付けるのが、前述通り癖盗みはもちろん、「阿波野秀幸の牽制の仕草」や「阿波野の二段モーションへの規制」も彼やなかった?他にも「球種を見破る癖」などを見抜き、他球団からは「そんな野球をしてて息苦しくないか!?そんな野球してて楽しいか?」と悔しさ混じりに憎まれる存在となりましたし、"他球団からは「脅威の的」"となりましたなぁ。しかし西武は2000年突然、「若返り」を理由に長年の功労者をあっさりとリストラし、阪神に走塁コーチとして移籍も、阪神ではノムさんと合わんかったんか、1年で空中分解(困)→巨人のヘッドコーチ就任後も楽天監督のノムさんとの交流戦の試合で、9回裏二死・一塁の場面で二盗を試みるも、失敗しGは負け試合となり、ノムさんに試合終了後に「♪バッカじゃなかろか、ルンバ」と揶揄された点も、「野球観」が恐らく違うんでしょうなぁという事が、証明されてますね(汗)2001年に「やっぱりまずかった!!」と思ったのか、直ぐに性懲りも無しに西武が伊原氏を呼び戻し、作戦・走塁コーチに就任させましたね(汗)で、東尾監督退団に伴い、2002年から監督に就任!!1試合でベンチ入り選手全員を使わんばかりの「平等采配」(和田一浩高木浩之平尾博嗣覚醒も、鈴木健[西武―ヤクルト]・デニー友利らは、調子を落として行ったが)と三塁コーチをしながらの指揮も話題を呼び結実し、90勝を挙げ"就任1年目で「リーグ優勝」"(冠)Gとの日本シリーズが、白星無しに終わったのは、スルーしたい所ですが(爆)翌2003年も、シーズン途中から"サインがバレやすい"という理由で、三塁コーチを止めて、ベンチで指揮を執り中島裕之を徐々に使い始め、育成して行くも、2位に終わる・・・あくまで伊原は伊東勤監督就任までの"暫定政権"であり、直ぐに辞任(汗)待ってました!とばかりに、オリックスが監督就任を打診し、受諾。しかし!2004年は、伊原をもってしても、2003年に壊滅的に弱かったオリックスを、立て直せず(涙)おまけにチームは、"近鉄との合併の話が出る"など、親会社は"吸収する側"だけに大きな事は言えず、複雑な現場の雰囲気を余儀なくされました(困)さらに彼は「合併反対の署名活動なんかしてる暇があったら、もっと練習せい」などと報道陣に答えた(怒)とかで、「求心力」を失い"「人心掌握術」には、欠ける所がある"というレッテルも貼られましたね(汗)新球団では、采配を振らない事が決定!2007年に巨人のヘッドコーチとして、現場復帰!!当初は三塁コーチを務めたものの、またベンチに戻りましたが、戦力は整ってるからか"余計な事をしない方が、適切"なんか、たちまちリーグ優勝!そのご2009年まで、リーグ優勝や日本一が、輝く事になる。2010年こそ優勝を逃すも、Gは2011年も優勝を逃しており、今年と去年こそ優勝しましたが、伊原氏が居なくなってから、Gが少し低調気味なんは気のせいでしょうか?(ウインク)さあ!!来季の西武は、どうなりましょうや!?ナベQとは、"正反対"だけに「劇薬」ですぞ(ドクロ)"まだチームが若くて、発展途上のチーム"やから、怒りが爆発しなきゃ良いんですが・・・
 それと<斜><太>オーナー会議でコミッショナーが決まらなかったんで、必然的にうちの宮内義彦が代行コミッショナーに(困)(落ち込み)(困)・・・