読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

オンバトにプラスアルファ

パーマ大佐(481KB)
THE GEESE(473KB)
うしろシティ(465KB)
ウエストランド(465KB)
トップリード(437KB)
鬼ヶ島(413KB)
クマムシ(381KB)
大村小町(317KB)
タイムボム(309KB)
やさしいズ(189KB)
 これだけ強豪揃いで、意外にも"オーバー500が、ゼロ"とは(汗)オンエア1位のパーマ大佐は、"よくある「あるあるネタ」やもし○○が△△だったら?の「もの真似」"やな・・・THE GEESEは、"シリアスな事をやらした"ら、「天下一品」やな(大笑)「ネタのくだり」に"広島(東洋)カープを入れた"のは、"尾関高文の趣味(私情)が入ってる"な(ウインク)→尾関は、「広島カープ芸人」(アメトーークの括り)ですからね!うしろシティの「彼女の父親に結婚の挨拶」ネタは、KOCで既にネタバレ(汗)ですので、感想は省略・・・ただ"100億あれば、何か逃げ切れるかも"・"どぶさらい"のくだりは、KOCと異なります(注意)ウエストランドは、行き詰った先でしたが!またそこから発明を生み出し(燃)また若干変えて来ましたな(拍手)もう彼らに言う事は、ないです!!ただこの相方(ツッコミ)が「一方的に喋る」システムって"漫才コントの設定の範囲が、凄く限定される"方法でもあったんですな(困)確かに今までのウエストランドの漫才って、彼らがネタ中のくだりでも言ってた様に全て"「店」の設定"ですもんね(涙)このシステム(方法論)"は、「両刃の剣」でもあった訳ですな(ドクロ)今日は何とか乗り切りましたが、今後が大変!!!!!かも(落ち込み)トップリードは、これはもう"ベタ"やな・・・「志村けんがやるコント」っぽい(落ち込み)もしや田舎繋がりで、「大村小町がオンエアされるかも」と計量前に思いましたが、このメンツではね・・・鬼ヶ島でオフエアになるぐらいやし!やさしいズは、下を向いてたので彼らの姿を観てませんでしたから、最初"やさしい雨"かと思ってました・・・柴崎氏の声もよーく聞かんとね(アウト)やさしいズ、にしても「凄いコンビ名」ですな(笑)

  P.S ピン芸人でかつてCM出演やCDデビューをした桜塚やっくんさんが、交通事故で亡くなったようです。昨日まではピン芸人でしたが、彼は元々爆笑オンエアバトル時代にコンビ芸人・あばれヌンチャクとしてオンエア経験はもちろんの事、「チャンピオン大会 ファイナル」まで進出した事のある"実力派芸人"でした!!「オンバトOB」・「オンバト戦士」やったんですよねっ!!!もちろんコンビ時代は、やっくんという名前は付いておらず、斎藤恭央あばれヌンチャク)という名前でした。彼がブレイクのキッカケになったんは、もちろん言うまでもなく"エンタの神様での桜塚やっくん"でしたが、僕として思い出深いのは、やはりオンバト時代ですね!当時の相方・竹内幸輔<も返しが上手くて、斎藤氏ももちろん絵が上手で、ウケてるのに「何で解散したの?」という印象でしたが、エンタでの奮闘振りは皆さんご存知のように(炎)エンタの番組は大っ嫌いやったけど、やっくんの"綿密に練り込まれたネタ・観客からのアドリブでの答えでの急なネタ展開も、たどたどしかった事が多かったけど対応し、あらゆる答えを想定してでのネタ運びで絵や返しを準備してた=シュミレーションに余念が無かったのは、賞賛してましたし、その努力は買ってました(というのは、何様!上から目線ですが、他に言葉が浮かばなくて、申し訳無いです)から、彼にとってもこの時代も「良い時代やった」と言えるでしょう。斎藤氏があばれヌンチャクとしてチャンピオン大会に出場した映像は今でも残ってますから、時間が空いた時にまた観てみましょうかね・・・この時にはオープニングに談志師匠も出てたなぁ、何もこんなに早くあとを追わんでも良かったのに。女の子と見まがうほど、「キレイな顔」もしてたのは、写真集も出してるから、証明済みやし、あの頃凄く売れてたよなぁ!!話飛ぶけど、今、昔のオンバトのDVDを借りたりしてんねん・・・「今更!?」って思われるかも知れんけど、テツトモや長井秀和などを。"当時オンバト毎週観てなかった"から、「補完」という意味合いもあるけど、"昔の笑いから何か見つかるかも!"と思って・・・凄いとは思わんから"今の僕の笑いへの思考(価値観)とは、「ミスマッチ」"やけど、今観ても「やはり長井は面白かったなぁ」と(笑)これらを借りたんが、何か因縁めいてるなぁと・・・奇しくも昨日は"エンタの放送が在った日"というのは、「出来すぎてる話」というかドラマみたいな話で・・・→エンタが在ったのを見落としてましたし、録画し損ねましたけどね・・・だから今回のエンタについて、僕は何も文句が言えない(困)で、それに続いて日付をまたげば、オンバトのオンエア日でもあった訳で・・・オンバトを観る前にネットで訃報を知ったから、今日のオンバトは彼の事が頭から離れず、あまり集中出来ませんでした。くんにさんを付けるのはおかしいかも知れませんが、斎藤さん・やっくんさん、天国からあなたが出演したオンバトやエンタといった番組や「今後のお笑い界」を今後も温かく見守っていてくださいね!