読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

THE 旬芸人 グランプリ Nico Judge

<1回戦>
バイきんぐ
プラスマイナス◎
パンクブーブー

ずん
アルコ&ピース
うしろシティ

ロッチ
クマムシ
トレンディエンジェル
<最終決戦>
プラスマイナス
うしろシティ
トレンディエンジェル
 僕が西武ドームに行ってた時にオンエアされた番組です。今回は採点はしておりませんし、「ええな」と思ったグループをチョイスしただけですね・・・大体、"「画像認証」で評価を下すルール"に反対ですから、そないに重要視して観てませんし!この番組は以前に放送した『お笑い頂上決戦1・3・5』の番組名を改名したもので、ルールは変わってませんが、ただ1つ前回と異なる点は、1回戦が1分のネタ時間という所は同じですが、今回は途中の"3"がカットされ1回戦の1分のネタ対決を勝てば、いきなりの最終決戦の「5分ネタ対決」に進出できるというものになった!ただ1回戦の最初のグループは"本来はバイきんぐが最終決戦にコマを進めた"んですが、西村がネタ中に持病(持ケガ?)の膝痛が悪化し、次のネタが出来ない程の負傷をした為、「棄権」という事になり、急遽"次点であったプラマイが繰り上げ"で最終決戦進出となった訳で、上記の様に本来は進出やったはずのバイきんぐの左側に◎を次点のプラマイの右側に◎を書きました・・・僕的には、パンブーやったな(汗)次のグループは"ショートネタで観た分には"、「アルピーでもええかな」とも思いましたが、"総体的に観るとうしろやったかな"と!ただ"時間の切り取り"という手法は、コントでは"よく見掛けるネタ"でしたけどね(落ち込み)次のグループは、まあそうなるでしょう。最終決戦は、うしろの「ケンカで攻撃する順番を教えてくれるけんか相手」ネタは、新しかったですね(笑)まぁめっちゃ面白かった訳でもないけど、1位を選ぶとするならば・・・トレエンは、いつも通りやけど、"時々つられて笑ってまう"な(ウインク)"ただ手堅すぎるという感も否めない"(落ち込み)優勝はオンバトに続いてトレエンに輝く(冠)NHKはトレエンと相性が良いか、この番組も漫才が有利なんか・・・とにかくトレエンとNHKは相性が良く、縁が在るようですね(ウインク)別に不満とかいうより、"どちらかというとどっちでも良い番組"ですし、こんなんやるんやったらオンバト休みにせんと、オンバトやっとけ!」って感じです・・・