読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

DeNA6―12巨人

久し振りに野球をまともに観た(笑)フレッシュな先発投手の投げ合い(G・笠原、D・須田)で、やはり"若さ故"か「フォークやストレートを中心とした配球」が、多かったですね。ただ狙われやすいのか、両投手共あまり長いイニングは、持たず(落ち込み)目立った選手は、やはり先制ツーランの橋本(巨)でしょう!"左打者特有の走り打ちにも見えました"が、やはりしっかり捉らえてたんですね(OK)センター寄りの右中間に突き刺さりました。他には"バントをしっかり決めていたし、脅威の脚"の梶谷(D)ですね!!昨年から重用されてましたが、今季は"アウトカウント間違いによるボーンヘッドで即二軍行き"を強いられるなどありましたが、昇格したばかりでやや「名誉挽回」しましたね(笑)それとやはり荒波(D)かな!二塁打はもちろん、"そう力強いスイングにも見えなかったのに、上手く流し打ちレフトポール際へのファール"など目に付く場面が・・・試合の趨勢としては、"7回まで5-5の互角やった"ものの、DeNAはそれまでに加賀・菊地・大田といった「質の良い投手」を使い果たしてしまい(もっとも今日の加賀はたった打者1人に対して長野[巨]のポテンヒット1本で降板してますし、大田も長野に勝ち越しツーランを打たれてしまいましたがあの場面以外は、普段はまあまあええピッチャーなんで)、同い年の長田君には悪いですが、"回が深まるにつれて質が落ちて行ったDeNA投手陣に対しGの投手陣は総じてあまり投手の質が変わらず、層の厚さがあり、「層の厚さ」の差が、出た試合"やなかったでしょうか?・・・