読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

雑多な書き方

 をしてしまいますが、改めての記録ですな。先日の大谷(日)の野手としてでの出場をしている"二刀流の選手としての"高卒新人年(ルーキー)での(結果的には先発)投手としての登板は、ドラフト施行後では史上初やったそうです!!ドラフト以前や1リーグ時代などは、在ったそうです・・・
 そして西武の相馬勝也ファームディレクター補佐兼育成担当が、亡くなられました。相馬氏は、1981年のオフにドラフト外で西武に入団。強肩の捕手という触れ込みでしたが、 同期入団で1歳年上の伊東勤が長く正捕手を務めたため、一軍での出場機会には恵まれなかった。1986年には記録上は27試合に出場しているが実際にプレーしたのは守備固めの1試合のみで、残りの26試合はいわゆる偵察メンバーとしての起用だったことから「当て馬の相馬」とも呼ばれました(汗)1992年はプロ11年目にして初めて一軍の打席に立ち、シーズン終盤の4試合でスタメン出場も果たしたが、翌年限りで現役引退しました・・・引退後は二軍ブルペン捕手として球団に残り、二軍コーチ陣が人手不足の際にはコーチ代わりも務めた。2007年に二軍バッテリーコーチに就任。2008年に一軍バッテリーコーチに就任。2008年の日本一に貢献し、炭谷銀仁朗を育てるなどの実績を残した。2010年からは肩書が一軍捕手コーチに変わったが、体調を崩した。リハビリの結果、2011年には編成部プロ担当としてフロント入りして復帰を果たし、2012年からはファームディレクター補佐兼育成担当を務めていましたが・・・通算成績は、試39率.067 0本0点 安1です。
 さらに巨人の名マネージャーとして活躍されました山崎弘美(巨人)氏も亡くなられました・・・山崎氏は、一軍試合出場は1959年の2試合のみで、1960年に引退しました・・・引退後は巨人の球団職員となり、巨人V9時代には一軍マネージャーを務めて、川上監督以降の"歴代監督の信頼を得る"「名マネージャー」となった(笑)通算成績は、試2率.000 0本0点 安0です。合掌です(涙)