読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

選手生命

 が長いというのは、勲章&良い事なんですなぁ(まる)ある意味、"金本知憲氏よりも「鉄人」"かも(燃)広島や阪神ファンに怒られそうやな・・・随分と遅れましたが、谷繁元信(中)が先日、プロ通算2000本安打を達成しました!!!!本当におめでとうございます(クラッカー)"シゲ"こと谷繁は、大洋にドラフト1位で指名され、「若手有望株の捕手」や「将来の正捕手」として近年では西武の炭谷以外見当たらない、キャッチャーとしては異例の"ルーキーイヤーから抜擢される選手"でした!!ただなにぶん経験不足でミスも多く、赤ん坊の様な立場であったから「パンパースリード」とも揶揄された(困)一度コーチか誰かに「お前!野球辞めろ!」と言われて頭に来たのと頑固で意志の堅い選手の気質らしいですから、"本当に辞める決意を見せて辞めようとした事もあった"らしいです(困)1991年まではほぼ正捕手であったが、1992年は秋元宏作(西武―大洋・横浜)の抜擢もあり正捕手ではなく、低調であったが、市川和正(大洋・横浜)の衰えや秋元の不振もあって1993年に正捕手に返り咲く。その後も時に秋元とマスクを奪い合ったが、1996年に捕手出身監督の大矢明彦が谷繁を徹底的に鍛え上げ、古田・伊東・中嶋ばりの「球界・セを代表する捕手」にのし上がる(力こぶ)大矢監督時代から打撃にも磨きが掛かり、"7・8番打者としては怖いぐらいで充分打てる打者"にもなった(笑)もちろん1998年の横浜の日本一にも"守・打・リード・投手育成"でも大きく貢献(拍手)2002年にFAで"メジャー挑戦"もさすがに「メジャーでこのクラスは、ゴロゴロ居る」という事で不合格(汗)で、森監督との不仲もあり?中日へ移籍・・・実際そこまで良かったかどうかは分からないが、自身も「12球団屈指の投手陣を誇る中日の投手の球を受けてみたい・リードしたい」という意思もあったそうです!看板倒れではなかったものの、中日では2年間優勝へ導けず(落ち込み)それまで"完成された投手をリードするのは上手くても、荒々しい投手や若手投手や経験不足の投手をリードすると失敗したり、配球通りに球が来ないと見るや、不貞腐れたリードをする"いただけない部分もありました(困)が、そういった「お局リード」に危機感を抱いたのか、2003年オフに就任した落合監督が「谷繁でも正捕手かどうか分からんよ。全員競争!」という危機感を煽ったのが良かったのか、"若干粘り強いリードが見られる"ようになった(笑)それだけでなく落合監督から打者心理など色々吸収したのか、落合監督になって一番変わったのが、谷繁だ"と言われてますし、"谷繁を本当に良い捕手にした"のが落合監督やったとも言われてます(燃)落合監督になって中日も強くなり、何度も優勝してますしね!その後の活躍は、言うまでもなく!!本人も名球会入りは、当然喜んでいますが、ただ一つ声を大にして言いたいのは「名球会に入ってる選手は殆どが上位打線を打って来た打者でしょう?それに比べて僕は、殆どが下位打線での2000本ですからね!これだけ打数が少なくて、達したのは誇れる事かな!」という事ですね(燃)それだけ長くやってる・出来てる証拠でもありますしね(大笑)本当に"立ったり座ったりの激務のポジションの中"本当に彼は頑丈ですよ(力こぶ)ただ彼はむしろ"キャッチャーやから、長くやれてるんや!"と・・・足の速さは要らんし、内野や外野みたいに動き回るポジションやないから!とも言ってます・・・しかしそれでも"筋肉が柔らかくて、ケガしにくいんでしょうなぁ(汗)
 あとこれは来年・再来年記録を更新しようとしたら書こうと思ってたんですが、ネタバラしすると、谷繁はこれまで"プロ入り以来年単位で1度(年)もホームラン記録が、途切れた事がありません"(ドクロ)つまり彼は高卒からプロ入りして、"一軍で1試合も出場した事が無い年がなかったどころか、絶対に最低1年で1本はホームランを放ってる"んですよねぇ!これは凄すぎますよ(すいません)連続年数ホームランの(日本)プロ野球記録はノムさんですが、来年谷繁がホームランを放てば並びますし、再来年放てば言わずもがな・・・ただプロ入り以来年単位で途切れずにずっと・・・というのは、谷繁が日本記録です(ノムさんは、プロ入り1・2年目はホームランを放ってないので・・・)!!ノムさん山本昌も凄いけど、谷繁は目立たないけど、数字の意味でも凄すぎる!もっと皆さん、注目せにゃあ(怒)さぁ彼は一体、どこまで記録を延ばせるのか!!!!!