GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

R-1ぐらんぷり 2013

Aグループ
岸学 61(2)
{OK}三浦マイルド 52
ヤナギブソンザ・プラン9) 60(1)
プラスマイナス 岩橋 53
Bグループ
{OK}ヒューマン中村 65(1)○
三遊亭こうもり 61(1)
田上よしえ 65(1)
桂三度 55
Cグループ
キンタロー。 61
スギちゃん 60
{OK}アンドーひであき 65(2)○
雷ジャクソン 高本 62(1)
<最終決戦>
{クラッカー}三浦マイルド 55
{まる}ヒューマン中村 65
アンドーひであき 63
 <下線>()内は、僕が実際の審査員に見立てて、持ち点3点で配分した場合です。○は個人的に最終決戦進出者やと、採点した者です・・・</下線><斜><太>Aグループ</太></斜>はねぇ、<色:#ffcc00>少し緊張感が大きすぎたかな</色>{汗}<太><大>岸学どきどきキャンプ)</大></太>は、2009年以来・3回目のファイナル!ネタとしては、<色:#ff00ff><太>"後半上げ"と"人間の葛藤を上手く描けてた"</太></色>{OK}<特大>僕的には「一番良かった」ですよっ</特大>{拍手}<下線>ただぜひ、今度は相方の姿をKOCで!!やはりグループは、R-1ではなく"KOC"や"THE MANZAI"で観たいから</下線>{ウインク}R-1のファイナルは、初進出(2009年のサバイバルステージ(敗者復活戦)までは、進出してた・・・)の<色:#ff6600><太>三浦マイルド!</太></色><大>"えらいウケてた"けど、</大><色:#330099>ネタが"個人的にアレ"やけどなぁ・・・</色><太>ヤナギブソン</太>は、<色:#006666>"ネタの精度は高かった"けど、"所々噛んでた"んが気になった</色>{困った}<太>岩橋(プラスマイナス)</太>は、"オチはまあまあ良かった"かな。
 Bグループですが、<色:#ff0000><大><太>ヒューマン中村</太></大></色>は、<特大>さすがやな</特大>{拍手}この「○○っぽい言葉」の<太>ネタ</太>を先の「NHK上方漫才コンテスト 予選」で生で観た事があるんですが、<太><斜>個人的にはツボ</斜></太>{笑い}<太>三遊亭こうもり末高斗夢)</太>は、<色:#0000ff>まあまあ・・・</色><大>「"ピン芸"を伝統芸能の高尚・恐れ多い"落語"と一緒にして」は</大><色:#660000><特大><太>絶対にイケナイ</太></特大></色>{ダメ}んでしょうけど、<太>"都々逸(どどいつ)の羅列"は、</太><下線>ピン芸や一人コントに当て嵌めると</下線><色:#666600><太>"ショートコントの繋ぎ合わせ"</太>にも見えます</色>{落ち込み}<下線>あと個人的に残念やったんは「審査員から1票も貰えなかった」のと、"この会場ではアウェーやった"事ですね</下線>{悲しい}で、オンバト戦士の<太><大>田上よしえ</大></太>{炎}でしたが、"一人コントの王道"やったけどね{笑顔}<太>ただ「最後のくだりは、要らんかったかな?」と・・・</太>それと<色:#ff00ff>"例えが古い</色>(X-JAPANの"Xジャンプ"が、"X-GUNのツカミ"や『家政婦は見た!』の「家政婦は見ない!」のくだり)<色:#ff00ff>"のも痛かった</色>{困った}あと<下線>僕の不覚ながら、</下線><太>"8×(かける)4をテストで汗を抑えると書いた"</太>のくだりを<太>"汗ではなく</太><特大><太>「涙」"と思い込んで</太></特大>(→聞き間違えた訳ではないです・・・)、<斜>ネタを観てしまいました</斜>{困った}あとでもう1回観てみたら、<色:#ff0000><特大>商品名の"8×4エイトフォー)"を指してるものと解りました</特大></色>{汗}ほんまに不覚でした、「田上姉さん!真にすいませんでした」{すいません}<大><色:#000099>最初の採点は64点やったんですけど、この8×4のくだりで1点持って行きました!</色></大><下線>ただ詳細に採点すると、「0.5点ぐらいでヒューマンの方が上や!」と判断したというか記名投票でどっちか選ぶならヒューマンでしたし、ヒューマンより上って判断はしませんでした</下線>{悲しい}<色:#ff6600><大>田上姉さん、ほんまに惜しかったですね</大></色>{汗}<特大>また来年、この場にカムバックして来てください</特大>{炎}<斜><太>審査員桂文枝師匠の弟子</太></斜>である<太>桂三度</太>でしたから、<大>「もしや温情ジャッジが、下るのか!?」と思ったんですが、"穿った見方"や"そういうのを邪推されるのを嫌がったか"やはり"弟子やからこそ、厳し目に審査を下したのか"</大>は、分かりませんが、<色:#006666><太>文枝師匠は「1票も弟子に入れず」</太></色>{笑顔}これは「落語っていうんか!?」{落ち込み}<大><太>「一人コント」やったし、"落語ではなくコント"で見たかった!!</太></大>{困った}最後のオチだけ落語っぽかったけど・・・しかし<下線>発想は天才的に近くて、"桂三度ワールド"やったな</下線>{ウインク}
 Cグループですが、既にネタバレしてるかたが、お二人{ウインク}その内の一人が、<太>キンタロー。</太>!!"本物の前田敦子は、嫌いにならないでくださいっ!!"のくだりとオチは<太>"もうちょっとちゃんとして欲しかった!"</太>な{落ち込み}<太>スギちゃん</太>もネタバレパート2{ウインク}<大>「さすが!」</大>やけど、<下線>"あのツカミをどう捉るか?"ですな</下線>{汗}僕はプラスに捉ったけどな・・・<太><大>アンドーひであき</大></太>は、<特大>素晴らしい</特大>{拍手}ただ<下線>"出る大会が違う"ような気も・・・</下線>『神芸(かみわざ)』?にしては足らんか・・・<太>高本剛志雷ジャクソン)</太>は、<色:#996600>"「あるある」を通り越して「暴露」"やな</色>{ウインク}前半は"ありがちなフリップ芸"やったけど、<下線>後半が良かったので2番目評価</下線>{OK}
 最終決戦ですが、<太>三浦マイルド</太>でしたが、普通やな。ただ1本目と違って、この2本目の方が「ネタに好感が持てる」けど・・・ヒューマン中村は、文枝師匠がおっしゃった様に<特大>"(1本目に比べると)個人的にも失速気味やった"けど、後半やな!!</特大>アンドーひであきは、何か<太>信念</太>(「"チャップリンの動きの真似以外"はやらない!」とか)<太>を貫いて欲しかった!な・・・</太>
 正直、<大>三浦マイルドの"どこを評価されたのか?"</大>が、<太><特大>解りませんでした</特大></太>{汗}<色:#660099>「哀愁を上手く笑いに変えられてた」所でしょうなぁ・・・</色><下線>それと"フリップを使わず、単純な一人コントやった"から?</下線>いや!やはり<色:#ff0000><特大>客ウケが一番良かった</特大></色>から、<特大>そこを重視すると!!</特大><下線>こうなりますわなぁ</下線>{落ち込み}<下線>年齢的には優勝した人として、良い事なんですけど、また吉本ですし、特に彼に思い入れもないので・・・</下線>年齢的には<太>「良かったですね!」</太>と言っておきましょう{クラッカー}ただ今回は、田上よしえアンドーひであきは、幾分か爪あとを残せたんじゃないでしょうか!?{笑い}<特大>またしても!!!<太><色:#0000ff>吉本の牙城は崩れず</色></太></特大>{困った}{悲しい}