GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

オンバト(ライブでの感想)

ケチン・ダ・コチン(469KB)
トレンディエンジェル(453KB)
ヒューマン中村(433KB)
風藤松原(409KB)
トミドコロ(397KB)
守谷日和(397KB)
チャンピオンジム(349KB)
すっぽん大学(341KB)
○勝又(161KB)
浜口浜村(117KB)
 今日は何の因果か、僕の誕生日!と!!"誕生の日にオンバトがあるなんて、今年は確変か何か起きそうですね!?"って自分から色々行動せな、ある訳ないわな(爆)
 ○は実際に僕が、ボールを入れたグループ・人です(燃)僕の琴線に触れたんは、下位を占めてる所も在ると、会場の思惑と一致しておりません(困)"コンピューターシティさんの事が僕の頭によぎりました"し「彼の心情を考えると、甘めに審査してボールを入れようかな?」とも思いましたが、結果入れず(すいません)でも、その必要無しの1位通過でしたね、ケチン・ダ・コチン(笑)個人的感想と致しましては、"ネタの構成は良い"けど、"笑い"が少し足りんかったし、"もう一展開欲しかった"・・・トレンディエンジェルは「一緒に行った友人は技術を評価した」らしいですが、僕は入れず(汗)褒めたい点は"ノリツッコミは今の時代に逆行して"て、逆にええかも(ウインク)ただ個人的に"キャラ押し"は(困)ヒューマン中村は、よくやってるネタ(「カッコ美しいことわざ字典」)でしたね(落ち込み)感想としては、単調(涙)「持ち味っちゃあ持ち味」やが・・・正直に言いますと、彼にボールを入れたのは"おまけ"です!!テレビでは伝わってないかも知れませんが、会場のウケが凄かったんで「あれだけウケれば、ボールを入れなしゃあない」・・・という事です(困)個人的には、そんなにウケませんでした!風藤松原も僕の極秘個人採点では、ヒューマンと一緒の点数でした(汗)僕の中では"ギリギリ滑り込み"のラインでした・・・いつもと殆ど変わらないネタでしたし、"もう少し意外性が欲しい"ですね(汗)トミドコロは、僕の中では"62点"(←公開すんのかい!!)でした。オンエアされた中では、ナンバーワンのネタでした(大笑)演技力も良かったし、"発想の飛躍がハンパなかった"ですね(OK)初挑戦やったんですね(ドクロ)守谷日和!テレビ上は出てなかったけど、その前に収録されてたオンバトで既に挑戦した事があるかと思ってた・・・「保父さん」のネタは、去年の「NHK上方漫才コンテスト 予選」で同じネタを観た事があるんで、新鮮さは無かったんですが(汗)展開は、良!!ただ"もう少し爆発力が欲しかったな"と・・・</色>
 ここからは、オフエア組(涙)チャンピオンジム(コンビ・コント「チャンピオンV.S??」)は、実はボールを入れる時間というのがあるんですが、"チャンピオンジムのボールを入れる準備のセットをするのに"前の組のメモ書きをしながらの「ながら族」でやってたんで、「メモ書きに気を取られ」何と!!"ネタが始まる前にボールを流してしまいました"(困)でネタを観終わって、「さあ!投入!!」という時間にスタッフのかたが「もう流しておられる方が居ます!」とか古賀氏に「勢い余って先に流してしまったようですね。」と言われてしまいました(困)皆さんの注目を浴びたし、恥ずかしかったぁ(汗)しかも"彼らにボールを入れる訳ではない"という事態ね(すいません)あれは、ただの"うっかりと間違い"です(涙)チャンピオンジムさん、期待させてほんまにすいませんでした!!で、彼らのネタですが、"発想は良いけど笑いに繋がってなかった"(汗)オンエアを勝ち取るには、「もう一工夫」必要!すっぽん大学(コンビ・コント「三国志ショートコント」)は、レッドカーペット時と全く一緒(×)"ショートコントで笑いをとり続けるのは、至難の業"(困)初期のイシバシハザマ江戸むらさきぐらい"よっぽど"でないと!"レッドカーペットやあらびき団なら合格"ですし子どもだけ相手なら通用しますが、ここ(オンバト)では通用せんでしょう(落ち込み)"ショートで観るなら問題無い"んですが・・・勝又(コンビ・コント「絵描き歌」)は、"62.5点"で「僕の中では一番良かった」ですね(拍手)しかし関西では、こういう"シュールでドカンとは来ないネタは、通用せんやろうな"と思ったら、案の定そうでしたね(困)さっきから「爆発力・爆発力」言うてる割には矛盾してますが、"それを凌駕する発想やニヤッとする「こいつやるな!曲者やな」と思わせる部分"が、在ったんで・・・"途中意味不明なくだり"はありましたが、それを含めて「ネタ」やと思ったんで!!"勝又ワールド"でした(OK)もう少しだけ笑いと"意外性"が欲しかったけど・・・「意味不明なくだりが在った」から、"シュール好きですし理解も出来る友人"ですけど「ボールを入れんかった」と・・・(困)ホワイトシアターのコーナーで観た事があったけど、こちらも意外に初挑戦の浜口浜村(コンビ・漫才「三輪車とバイク」)でしたが、"オンバトの洗礼"を受けましたな(困)"前半の三輪車のフリ"が長過ぎましたな(涙)"後半の「メタ」的な感じの構成が良かった"と思ったんで、彼らに温かい気持ちで一票(個ボールを)投じたんですが・・・友人も入れんかった・・・彼らも勝又も"お笑い慣れしてない"と解らんネタやろうな・・・ただ!「もしこれが"チャンピオン大会や昔爆笑オンバト時代に在った"チャンピオン大会 セミファイナル"なら、誰にもボールを入れてなかった所」でした(困)
 オープニングの「この10組の中でオンエアされるのは、半分の5組!」と言ったあと<に、「こんな風にボールを入れるんですよっ」と言わんばかりに会場の審査員が"一瞬抜かれるシーン"が在るんですが、友人の横顔が映ってました(ウインク)その隣の僕は、映ってませんしたが・・・あとエンディングに遠目に小さく写ってましたが、まぁどの顔が僕かは判らんレベルでしょう(汗)さぁ!次オンバトが、大阪府に来るのは"いつの日か!?"(ウインク)その時には、僕もそこに居るのか!?