読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

ザ・ドリームマッチ 2013

 例年なら、<下線>採点や感想もベスト3ぐらいしか書かないんですが、</下線>今回は楽しみな方々&初参戦が多いんで、ほぼ書いてみましょうか{ウインク}
塚地・木本 64
○西田・福徳 70
木下・伊達 55
○後藤・堤下 75
{クラッカー}渡辺・小藪 60
{まる}小峠・富澤 80
たむら・スギちゃん 55
コカド・板倉 66
鈴木・西村 65
哲夫・中岡 63
 <太>塚地・木本</太>のコンビは、<下線>"出オチ"かと思ったけど、後半上げは良かったが、もう少し意外性が欲しかったし、オチは読めたな・・・</下線><色:#666600>西田幸治笑い飯)・福徳秀介ジャルジャル)</色>は、<色:#00ffff>ここもちょっとオチが弱かったけど、"ジャルジャルワールド"やったな</色>{ウインク}<斜>木下・伊達</斜>は、スルー・・・<色:#0000ff>後藤(ジャルジャル)・堤下</色>は、発想プラス最後漫才って{ウインク}<太>渡辺直美小藪千豊</太>は、<色:#ff9900>渡辺は"いつも歌ネタに持って行きたがる"なぁ</色>{汗}<下線>強いて欠点を挙げれば"お互いネタを書く者同士"で"ネタの方向性で揉める以外"不安要素は見当たらん</下線>から、こりゃあ<大>優勝候補筆頭やと思った</大><色:#ff0000><太>小峠(バイきんぐ)・富澤</太></色>でしたが、<特大>「素晴らしい出来」</特大>やったんですどねぇ{困った}<太>"手数が多かった"し、「何て火(日)だ!」「何て言えば良い!」=小峠のKOCでの名ゼリフも上手く便乗してたんですけどねぇ・・・</太><斜>たむけん・スギちゃん</斜>は、まさかの<下線>「一か八か枠同士のコンビ結成」</下線>となり、<色:#009966>誰も彼らと組みたくなかった・誰からも選ばれんかった者同士の組</色>となりました{悲しい}やはりコントの役の設定→現実・たむらけんじとスギちゃんは、いただけなかったですねぇ{ダメ}今回ぐらいは、コントの役を貫いて欲しかった{月}<太>コカド・板倉</太>も"ネタを書く者同士"のコンビで揉める懸念はあったものの、<下線>"インパルスワールド"でしたな</下線>{ウインク}<色:#996600>ただここも意外性が・・・</色><太>西村(バイきんぐ)・鈴木</太>はこれまでとは裏腹に普段は<大><太>"ネタを書かない者同士"のコンビ</太></大>でしたが、<太><特大>やっぱり「プロ」やな!</特大></太><下線>普段ネタを書かない事を差し引けば、全然悪くなかったでしょう!!</下線><太>哲夫(笑い飯)・中岡</太>は、"漫才の視点でコントをしてる"{汗}<斜>もう少し期待してたんやけどな・・・</斜>
 ま!<太><色:#660000>優勝</色></太>は、<特大><色:#000066>渡辺・小藪</色></特大>となりましたが、これはもう<特大>志村けんの</特大><色:#330099><大>"価値観"の評価ですし、そこの違いですね</大></色>{困った}<太>シムケンの「笑いの価値観」</太>は、どうしても<特大><色:#ff0000>"ベタで解り易いネタ"・"濃いキャラ"を好む&評価しますからね!</色></特大><大>だから、司会のダウンタウンの松本氏も選考結果に<斜><太>「不満気な顔」</太></斜>をしてました</大>{落ち込み}<下線>最初の2組を観て「これは今年もKOCの決勝にこのネタをかけてもおかしくないぐらいレベルが、高いわ!」って思ったけど、</下線><大>昨年・一昨年に比べるとちょっとネタが、弱かったかな</大>{汗}