読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

MHK1年後に同期の内村のコント番組を

 持って来たNHK{笑顔}<太>オンバト中止</太>→<色:#ff0000>『LIFE! <小>~人生に捧げるコント~</小>』第1回目の放送!!</色>やはり<斜><太>「NHKが、一番多くお笑い番組をやってる」</太></斜>のでは!?<色:#009966>民放でも<太>日10演芸パレード</太>・フジの<太>『ロケットライブ』</太>と2番組、今秋から増えましたが・・・</色>まぁNHKの番組構成の話はほっといて、肝心の中身ですが{汗}
 全体的に言えるのが、<下線>内村コメディハウスと一緒で</下線><大><太>"ドラマとコントの中間"</太></大>って感じがして、<大><色:#660099>中途半端</色></大>{汗}今回<下線>笑ったのもたくさんあったけど</下線><色:#666600>「バカバカしい」呆れ笑い</色><特大><太>も</太></特大>あり(殆どこの呆れ笑いやった)の番組やった・・・ただ<斜>殆ど(7割)がシュールで占められてて3割がベタの松本氏と違って</斜><色:#ff00ff><特大>ウッチャンは、"シュールばかりでなくベタや03的なシュチュエーション笑いなど色んな笑いを詰め込んでる"感じでした</特大></色>{炎}昔からウッチャンはベタが4割、シュール・シュチュエーション・あるあるが、残りの万遍なく散りばめてる印象・・・最近僕が思うのは、<下線>「シュールな笑い」</下線>というのは、<色:#996600>元々爆笑は取れず"一部のお笑い理解者にしか賛同出来ない"もの</色>でやはり<特大><太>"芸術"に近い存在</太></特大>やと思う!だから"お笑い寄り"なんは、ウッチャンの方が近い{汗}<太>"笑いを求める・重視するなら、内村光良のLIFE!"・"芸術を求める・重視するなら、松本人志</太>(←敢えて、ここでMHKと書かなかったのには、後述する理由がありまして{汗})<太>"という事</太>なんやないでしょうか?「どっちを重視するか?」って話ですな{汗}ただMHKは"発想重視はしてた"感じやったけど、にしてもシュールさが足りんかったから、不満やった訳で{困った}という訳で、<色:#660066>"MHKに毛が生えたぐらい"</色>で、<下線>「ややLIFE!の方が、上・良いかな!」という第1回の感想です・・・</下線>
 1本目の<太>「ありません!(本屋)」</太>は、<太>"内村ワールド"</太>という感じやな{笑顔}最後の<太><大>「鍵がない」</大></太>コントのネタが<色:#ff6600>、"一番お笑いらしかったし、良かった"</色>かな{OK}笑いとしては、システムや展開や<大>"ド直球"</大>やったけど・・・