GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

キングオブコント 2012

さらば青春の光 65/63④ 
銀シャリ 63/62⑤ 
トップリード 57/58⑧
かもめんたる 68/68② 
うしろシティ 65/67③ 
しずる 61/55⑥ 
夜ふかしの会 60/55⑧ 
{クラッカー}バイきんぐ 77/79①{まる}
 <斜><太>トップ出番</太></斜>が、<下線>いきなりファン</下線>の<色:#0000ff><太>さらば</太></色>でした{汗}が、<大>思ったよりも点数が、良かったですね~</大>{汗}彼らの存在を世に知らしめたABCお笑いグランプリでの<色:#660099>「ぼったくりバー」</色>のネタでしたが、<下線>このネタの欠点は面白いけど展開が無いという</下線>{落ち込み}<大><太>それに僕が緊張してたんかなぁ?</太></大>{汗}<下線>若干彼らが緊張してたのが伝わって来た分、森田氏の声のボリュームがいつもより大きかったし、ちょっとテンポが速く感じたし、緊張と緩和が小さかったような・・・</下線>あと<太>「おつまみ安っ・・いや!安いやあれへん!!」のくだり</太>は、<太><特大>「いや!安ない!!安ない!!」の方が、</特大></太><太>ABCの時と同じで関西弁やけど、よりストレートに伝わって来た気がするけどな。</太>まぁABCの時より客ウケ・芸人ウケがあったんで、2点加点しましたけど{汗}2本目は新ネタというか、僕は初見のネタでしたが、<色:#ff0000>さらばらしくなく発想のぶっ飛びや"ドカン"というものが、個人的には無かったですね・・・</色>個人的には「船長と店長の使い分け」か「ファミレス」か「取引」のネタをして欲しかった・・・<色:#ff6600>ただ2位に付けた2本目も高評価でしたね!</色><太>銀シャリ</太>は、"ツッコミがコントやなく漫才"やねんなぁ。もっとシンプルにツッコんだ方が、コントでは伝わる気がする、食いつきすぎ{汗}<下線>そこがええ所で設定も良かったけど・・・</下線>2本目は、展開や設定(銀行強盗犯が臭い)は意外やったけど、盛り上がりに欠けたな{困った}<太>トップリード</太>は<斜>2年連続最下位</斜>と、M-1でのポイガみたいな感じになってしまいましたね{困った}1本目は、<下線>ネタがよく練られてるしレベルは高いけど、支離滅裂な感じがしたし、複雑なネタで展開が混乱したわ。</下線>ネタ名を付けると「邪魔」になる。このネタは<色:#009966>笑いというよりも"笑いの構成やネタ帳の中身を客席に公開した"という感じやな・・・</色>得点が低かったですが、松本氏の評価は高かったようですね!2本目は、もっと大きいオチを期待したな{汗}個人的にも、去年より落ちてしまった{悲しい}ウケてなかったもんな{落ち込み}<太>かもめんたる</太>の1本目は、僕は初見。<太>"ツッコミのフレーズと発想と設定"</太>は、<色:#ffcc00>良いな</色>{OK}2本目は、最後の展開が無くても面白いんやけど、オチ近くの"発想(才能)のダメ押し"が、怖いな{笑い}
 <太>うしろシティ</太>の1本目は観た事がありましたが、ここもツッコミのセンスやな!設定(「転校初日に2人の転校生」はあまりない設定やけど)が、ありふれてる「学校での会話」だけに。2本目も<斜>オンバトでやった</斜>どこか切ない・悲しい「ヤンキーが同情する」ネタでしたが、やっぱり<太><大>"芸人が認めるネタ!"</大></太>なんかな{笑顔}でも、<下線>優勝するタイプのネタではないな</下線>{落ち込み}で、優勝候補の<太>しずる</太>1本目でしたが、発想は良いけど、もう一展開欲しかったし、クドかったな{困った}<色:#666600><大>ただこの知名度と低点数を付けにくい雰囲気が、高評価に結び付きましたね</大></色>{落ち込み}さらばよりもさらに<大>予想以上の点数</大>が出て、<色:#ff00ff><太>"操作票"</太></色>やなって思ってしまいました{怒}さらに2本目が悲惨で<太><大>芸人は笑ってたけど、客席からは静けさが</大></太>{困った}僕も「ええーっ!」っていう感じ{困った}オチも期待してたのに!{怒}<色:#ff0000><大>「こんなレベルの低いあなた達やないでしょう!?自滅やろ。」</大></色>って思いましたね{ダッシュ}"昭和コント"でしたし・・・さてある意味注目の<大>"演劇界からの刺客"</大>の<太>夜ふかしの会</太>(5人組)でしたが、1本目は"まあまあやけど劇の域を出ん"って思いました・・・2本目も"最後の方だけお笑い"やったな。<下線>もっと早く(客席や視聴者の心を)掴むべきやったな・・・</下線>さぁ!先の<色:#ff00ff>「オンバトチャンピオン大会」で快進撃を見せただけにもしかしたら!?と思わせる</色>芸歴16年の<太><色:#ff0000>バイきんぐ</色></太>は、2本共<斜>オンバトで披露したネタ</斜>でしたが、1本目は<太><特大>"いや!もう掴んでた!"な{炎}ツッコミ半端ないな{ドクロ}「ざまあなれ!フォー!!」で会場の空気が最高潮に!!</特大></太><下線>でもここまで、会場の空気とシンクロするとは思わんかったな</下線>{汗}<色:#ff0000><特大>2本目も文句無しやな</特大></色>{まる}<特大>小峠英二、</特大>ちょっと<太><色:#996600><大>"ツッコミというより絶叫"</大></色></太>になってる{ウインク}
 やはりオンバト出演者が多いから<大>観た事があるネタが多く、</大><太><特大>「コント」なんで"同じネタでもアドリブや言い回しの違いなどで違って見える!"という事はあまり無く、</特大></太><色:#3300cc>新鮮さには若干欠けました</色>(←それはそれで全然良いんです{OK})<色:#3300cc>が、</色><色:#ff0000><太>去年よりはレベルの高い大会</太></色>となりました{笑顔}2010年には、敵わんけど(爆)正直言って<色:#0000cc><太>さらばとバイきんぐの差</太></色>は<大><太>、"爆発力!!"と"キャリア"</太></大>やったね!"もうバイきんぐの2回目のネタ終了後のスポンサー字幕の向<斜>こうにさらばの二人の様子が映ってました</斜>が、<下線>二人の表情に安堵感と<小>敗北感</小>が、物語ってた感じがしたので、審査結果の発表前に覚悟はしてました・・・</下線>本人達が一番気にしてるでしょうけど、また2位になった事が、僕としては悲しいし悔しいです{悲しい}でも、あの強者揃いの中で結果を出したお二人を改めて凄いな!と思いました。お疲れ様でした!!<色:#ff00ff><特大>またもう一段階前進して、次回は何の大会でも良いから、お二人の優勝シーンを見たいですっ!!"</特大></色>といった感じのコメントを<下線>東口氏のブログに書きました</下線>が、本当にその通りで<色:#ff0000><特大><太>"何かしらの大会"で優勝して欲しいですね</太></特大></色>{炎}ただタイムマシーンよりも思い入れはないですね・・・何故なら<太>さらばはまだ結成歴が浅く、これから「まだチャンスがある!」と思われるので</太>{汗}に対して、<大>バイきんぐは結成歴16年ですし、「年齢的にそうはチャンスは無い!」と思われるので・・・</大>そう!ここは苦節16年の"バイきんぐに譲る"というか、<色:#ff0000><大>"贔屓目に見ても、バイきんぐが優勝やった!"と思いました</大></色>{笑い}<太><特大>バイきんぐさん、</特大>本当におめでとうございました</太>{拍手}