GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

オンバトにプラスアルファ

あきげん(481KB)
かもめんたる(473KB)
パップコーン(461KB)
スパイク(405KB)
スタンバイ(361KB)
アルコ&ピース(349KB)
寅人(313KB)
シンクロック(309KB)
うしろシティ(257KB)
巨匠(201KB)
 <太>あきげん</太>は、<色:#ff0000><太>爆笑オンバト時代から入れても初オンエアでは!?</太></色>おめでとうございます{クラッカー}<下線>所属事務所もウンナンを筆頭に実力者の多いマセキ芸能(ナイツ・狩野・ジグザグジギー)、</下線>頑張ってな{力こぶ}ただ"ツッコミをおだてる(褒める)のとトータルテンボス的なダイジェスト漫才"だけに<斜>やや古いシステムやったけど、それが逆に懐かしくも感じたかな・・・</斜><太>かもめんたる</太>は、皮肉コントで頭は使ってるんやけど、劇っぽくて今回はあまり感想は無いかな{汗}<太>パップコーン</太>は、<斜><太>オンバト自体久し振りやし僕もABCお笑いグランプリ以来</太></斜>、お帰りーっ{笑顔}<色:#009966>まぁ展開が多過ぎますわなぁ</色>{落ち込み}でも、今日の中では、一番かな!<太>スパイク</太>は、<大>漫才で</大>この<大><太>「上京する友達を見送りに行く・来る」の設定は、珍しいかな</太></大>{ドクロ}<下線>コントでは、よく見るんですが</下線>{汗}<色:#996600>ただ"漫才でこの設定で笑いを広げる"のは、難しかったな</色>{困った}男女差別になるんですけど、<色:#660099>何か"女子がやりがちで考えつきそう・やりそうな"「いかにも女子が作った」ネタって感じでした!</色><小>あと一歩、足らんのですよ</小>{悲しい}ただその設定で行こうと思った"ネタの着眼点"は、良かったと思います{OK}<太>スタンバイ</太>は、<斜>初挑戦・初オンエア</斜>でしたね。トリオ漫才!!ネタ名が複数になり混ざりますが、「刑事ネタに早口言葉を組み合わせた」ネタでしたね・・・これは<太><特大>ほぼ</特大></太><色:#ff0000><特大>「漫才とは言えない」</特大></色>でしょう(←断言はしない!!){ダメ}<下線>最後のオチのくだりだけ、無理矢理漫才にした感じが・・・掛け合い・会話では、なかったですからねぇ</下線>{困った}<特大>ただジャルジャルの「メタ漫才」を漫才と認めた以上、スタンバイも漫才と認めなければいけません!</特大><色:#ff0000><特大>こういうスタイルのネタが、在っても良いと思います</特大></色>{炎}ただもう少し笑いを頂戴・・・

 昨日、久し振りに{テレビ}で<色:#ff6600><大>『吉本新喜劇』</大></色>を観てみた。<下線>メンバーはだいぶ変わってたし、「劇団の中で起こる悲喜交々」という作品(設定・ネタ)は何か"劇の中でさらに劇"をやってたのは、ありそうでなく秀逸でしたね!</下線><特大><太>ただあまり面白くなかった</太></特大>{困った}<色:#660099>昔よりも"お約束ギャグでこける"くだりが少なかったのだけは好感を持ちましたが、相手を罵り合うくだりが多過ぎる!!</色>もうネタが、尽きてるなぁという感じ{悲しい}<大>ちょっと劇から離れたなぁと思ったんが、</大><色:#ff0000>小藪座長が他の演者に対して「座れ!座れ言うたら、座れ!」と言って、他演者が立ったままで、「立ってるやないか!?」って言うたくだりは単純やったけど、あのテンポとタイミングでウケた{笑顔}ここのくだりは漫才っぽい掛け合いに感じて、好感を持ちました{ドキドキ小}あと小藪が、話の確信を言ったあとに続けて小藪:「そして・・・」他演者:「○○」、小藪:「だから・・・」他演者:「△△」って繋げて行ったくだりもアドリブかアドリブでないかは別にして、バラエティー番組のひな壇の掛け合いみたいでここも良かったです</色>{OK}あと清水けんじ(しみけん)は、現在もしていますが、かつて辻本茂雄石田靖内場勝則や川畑泰史や小藪が演じてた役、まとめ(ツッコミ)・しきり役が、<太>全員のボケや全体の流れをリードせなあかんから、大変やなぁと思いました</太>{汗}→コントで言うたら、<下線>東京03でいう飯塚悟志ですね・・・</下線><特大>ただ意外なタイミングでのボケや意外性のあるボケが無かったのが残念です</特大>{困った}昔よりクオリティは、下がってるかなぁ{落ち込み}
 あと若干飛躍するけど、<太>よう関西や大阪出身のタレントが東京の放送局制作の番組に出演したりすると、</太><大>「関西人は少年・少女時代に学校から帰宅すると、自宅のたこ焼き機でたこ焼きを作って、作ったたこ焼きを食べながら吉本新喜劇を観てましたー」</大>とか発言するのは、<斜>嫌いやわ~</斜>{困った}仮にそのかたが、その通りの幼年期を過ごしたとしても、<下線>やや説明不足!!</下線><色:#ff00ff>関西人みんながみんなそんな育ち方をした訳やないし、何よりこれでは吉本の事しか言及してないっ</色>{怒}<太><特大>少なくとも僕は関西でのお笑い始まりは、<色:#006666>新喜劇</色>やなかった!!<色:#ff0000>漫才やコント</色>が、始まりやった</特大></太>{炎}他にも<特大>「生で吉本を観た事がない」・「生で吉本を観てみたい」・「あんたおもろいから、吉本行きーやーっ!」って言う人も、嫌いですな</特大>{怒}<色:#ff0000><特大><太>そこは「生でお笑いを観た事がない」・「生でお笑いを観てみたい」・「あんたおもろいから、お笑いの世界に行きーやーっ!」やろっ</太></特大></色>{怒り}<大><太>関西だけやなく、"お笑いをやってるのは吉本だけちゃうねんぞーっ!!"</太></大>{怒り}まるで"お笑いをやってるのは、吉本だけ"みたいな言い方やないか!?<下線>何か関西の笑い=吉本っていう括りにされてる感じで違和感が、あるわ~</下線>{汗}<色:#ff6600>吉本だけやなく、松竹芸能・ケープロダクション・昭和プロ・和光プロダクションもあるし、落語に至っては(桂)米朝事務所</色>(→人間国宝桂米朝立ち上げ?の事務所である。桂ざこば師匠や桂南光師匠や桂雀々の所属事務所でもある!!)<色:#ff6600>もあるし</色>{炎}<下線>これってただのアンチ思想から来る、世の中に何人かは居るベタなアンチ人間の考えなんでしょうか?</下線>こんな風に考える僕って、やはりかなり穿った見方をしてる人間で被害妄想のひどい変人なんでしょうか?{汗}