GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

ロッテ2―1ソフトバンク

 <色:#ff9900>ソフトバンク</色>は<色:#ff00ff>微妙に本多が、離脱したのが響きましたな・・・</色>早速その本多が抜けた1番に<太>明石</太>が座った訳ですが、<下線>せっかく初回安打で出塁したのに、<色:#330066>ロッテ</色>の先発投手・唐川に焦らされ、牽制死しました</下線>{困った}対してロッテの先頭打者・<太>岡田</太>は<太>同じく安打で出塁したものの、あっさりと二盗に成功。</太><斜>この差でしょうねぇ</斜>{汗}しかし<大>守備に関してはその本多やムネリンが抜けた穴を感じさせず、</大><太>とりあえず明石が開幕からムネリンの後釜ショートに入り、"ポスト・ムネリン"と目された今宮はベンチスタートでしたが、今日は明石がセカンドに回り、今宮がショートに入りましたが、<特大>遊撃守備は全く問題無し</特大></太>{まる}ただ試合のポイントとしても、<下線>2回表二死一・二塁で、その今宮が簡単に初球(あまり甘い球でもなかった・・・)を中飛したのが、今日のソフの敗因でした・・・</下線>先発投手の<太><斜>岩嵜</斜></太>は、<色:#ff0000>細かい制球力が課題</色>ですね!特に立ち上がりは走者を出すと、落ち着きが無くなる{汗}<下線>しかし負けん気の強さか、終盤は自滅でピンチを招いても切り抜けて、8回を完投しましたしね</下線>{笑顔}他に結果から見ると、<太>若手で光ったんが、</太><色:#ff6600>ホームランを打った角中(ロ)と江川(ソ)辺りかな・・・</色>入団以来"未来の長距離砲"と期待された江川もすっかり「バスターの構えからコンパクトに振り抜く打法」に変貌してました{ウインク}これがプロの壁の高さですね{汗}
 あと今成(日)捕手⇔若竹(神)投手。何とも微妙なトレードですな・・・<太><大>阪神もせっかく若手捕手に経験を積ませるチャンスやのに、また焦って捕手を獲って来て!!</大></太>どんだけ他球団依存やねんな{怒}<大>せっかく小宮山も岡崎も頑張ってるのに</大>{怒り}まぁハムも上手く活かせてないけど、<打消線>どうせ飼い殺し!</打消線>
 それと今週の週べを見るまで知らなかったんですが、<太>小野坂清</太>(近鉄)<太>氏</太>が、亡くなったようです・・・「何か聞いた事がある名前やなぁ」と思ったら、<色:#ff0000>近鉄OBやった</色>とは(爆)小野坂氏は1964年に近鉄へ入団し、左のサイドスローで主にリリーフ<斜>投手</斜>として登板しました。1971年まで在籍。<下線>1972年から打撃投手、スコアラーを務め、その後球団広報・広報課長・ファームディレクターを経て2004年広報部次長を務めました。</下線>あの2004年にその様な職に{ドクロ}さぞ大変でしたでしょう{すいません}週べには<色:#0000cc>"石田雄太のコラム(「石田雄太の閃・球・眼」)"</色>の項(ページ)に載っております!石田氏がNHKの取材班時代に阿波野秀幸(現役時代は、近鉄―巨人―横浜)を取材しようとしたら、急遽NHK労働組合ストライキを起こす事になり、阿波野氏への取材をドタキャンする事になり、その旨を小野坂氏に伝えた所<太>「電鉄にストライキなんてようある事!しゃあおまへん。ストライキなんてお互い様{笑い}」と答え、全く意に介さなかった</太>というエピソードがあるそうです{ウインク}通算成績は、試89 3勝5敗 防4.62 です。合掌です{悲しい}