GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

R-1ぐらんぷり 2012

Aグループ
友近 58
野性爆弾 川島 55
AMEMIYA 63(3)○
{OK}COWCOW 多田 54
Bグループ
サイクロンZ 57
いなだなおきアインシュタイン) 52
{OK}徳井義実チュートリアル) 60(1)
キャプテン渡辺 62(2)○
Cグループ
千鳥 大悟 53
ヤナギブソンザ・プラン9) 60
ヒューマン中村 66(2)○
{OK}スギちゃん 65(1)
<最終決戦>
{クラッカー}COWCOW 多田 58
徳井義実 58
{まる}スギちゃん 64
 <下線>審査員が、<大>THE MANZAI</大>と変わり映えしませんなぁ</下線>(木村祐一関根勤・天野・板尾といった面々が){汗}清水ミチコが外された{汗}()内は、僕が実際の審査員に見立てて、持ち点3点で配分した場合です。客ウケも加味したんで、以前の採点より甘くなってます{ウインク}<斜>友近</斜>は、<大><太>現実とコントの設定が曖昧ですよねぇ</太></大>{悲しい}<色:#009966>どっちかに徹して欲しかった</色>{汗}<下線>"演歌歌手 水谷千重子"なのか友近なのかが、所々疑問に思った訳です・・・</下線><色:#ff0000><特大>だからR-1ぐらんぷりというフレーズは、言わなくて良かったんやないでしょうか!?</特大></色>だから、一人コントならコントで、"コントの役"に徹して欲しかった{月}「R-1ぐらんぷり」とか言われると、冷めます!川島邦裕野性爆弾)は、<色:#660066>感性が常人ではないですよねぇ</色>{ドクロ}<斜>完成度は高いんですが、最後のくだりが疑問・・・</斜><色:#0000cc>AMEMIYA</色>は昨年までよりネタ時間が短い事により、<太>ボケというか笑い所を増やしていたのが、良かった</太>{笑顔}<太>多田健二COWCOW)</太>は、"{音符}ヘイヘイヘイ!(笑福亭)笑瓶"のくだりが眼鏡を掛けるのに戸惑って、<下線>若干失敗してましたよね</下線>{落ち込み}"{音符}脊髄外~すー(積水ハウス)"も<斜><太>素人でも浮かんだ事が、あるような・・・</太></斜>
 サイクロンZは、<色:#ff9900>よく分からんけど、面白い!"手品を失敗した時ほど"面白い!</色>いなだなおきは、シンプルで解りやすいんやけど、ネタが弱い{困った}<太>徳井</太><小>氏</小>は、基本「外国人が来日して落語家になった ヨギータ」は、以前と(システムは)あまり変わってない・・・<色:#996600>キャプテン渡辺</色>は、<太><大>普段はもう少し例えが上手いんやけど(「クズは、これを"○○"と呼ぶよっ!」とか・・・)</大></太>{悲しい}<色:#ff00ff><太>実話であっても多少話を盛ってても、最近は目に見えて良くなって来てたんですが、決勝のこのネタは、去年と殆ど変わってないと とられたんかも</太></色>{汗}
 大悟(千鳥)は、特に・・確かに"漫才の視点でネタを書いていて、ピン芸人が考えたネタではない"気がしました。相方が居て、ノブが「金があったんかい!」とツッコミが入れるだけでも、また違って聞こえるんでしょうが、何せここはピン芸ですからね・・・<下線>ツッコミが無いと、活きないネタに見えましたが</下線>{汗}<色:#666600>基本ピン芸人に優勝して欲しいんですが、グループ組の参戦でも、</色>ギブソンが優勝したら、<色:#666600>納得してたんですが・・・</色>ネタとあまり関係無いけど、「そうきゅうに(早急に)」のくだりは「さっきゅうに」やろう!といった所が、気になりました{落ち込み}<色:#0066ff>以前、サバイバルステージでやった「新しい楽譜を考えて来ました」のネタを、</色><太><大>結果論ですが、今日この場所でやった方が、ウケたかも・良かったかも!って思ってしまいました</大></太>{困った}<大>個人的に今年のR-1ファイナルで観た全ネタの中で、</大><色:#ff0000>ヒューマン中村</色>のネタが、<太><特大>一番ええと思いました</特大></太>{炎}良いネタでした!<下線>ただもう少しだけ相の手というかツブヤキというか(ツッコミ)を工夫して欲しかったな・・・</下線><太>スギちゃん</太>(番組によっては?<太>杉山えいじ</太>)は、<斜>元・メカドッグの杉山</斜>ですね!!こないだレッドカーペットを観てて、顔を観て気付きました{汗}<色:#ff6600>まぁショートネタのスタイル的には、完成してますわなぁ</色>{笑顔}
 最終決戦の<斜><太>多田</太></斜>は、<太>基本1本目と変わってないけど、</太><色:#660099>視点が深い(細かい)</色>かな。<斜>徳井</斜><小>氏</小>は、まぁ<太>突き詰めればああいう</太>"変態チック"になるんでしょうなぁ{ウインク}ただ<下線>普通のスーツで登場したんですが、もう少しノーマルな漫談をすると思っていた(思い込んでた)んですが・・・</下線><太>確かにもう1本ネタを観たい(評価するかは、別!)と思ったんが、</太>徳井<小>氏</小><太>で絶対に「ヨギータ」でないネタをするっていうのは、紹介VTRとかで判っていたんで、「どんなネタをするんやろう?」と非常に期待してたんですが、思ったほどでは</太>{困った}<太>スギちゃん</太>は、"コーラの中にゴミを入れた"のくだりを<特大>咬んだのが、敗因ではないか?と思ったりするんですが</特大>{汗}あと個人的には、最後もうひとくだり(ボケ)欲しかったなと・・・
 3対3で同票となり、徳井<小>氏</小>に投票した木村に<斜><太>最終決断が委ねられた</太></斜>訳{困った}ですが{汗}う~ん、<色:#ff00ff>R-1初タイトルが非吉本に手が届きかけてた訳ですが、</色>中々厳しいですなぁ{困った}ネットも僕の心も荒れますわ{怒}<大><太>木村が吉本所属やから、多田やったんでは!?</太></大>という見方もされますよねぇ、まぁ、しゃあないか・・・またしても優勝はCOWCOW 多田健二となり、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人となりました{落ち込み}<特大>さぁ!吉本の牙城が崩れるのは、いつの日(R-1)になるのやら</特大>{汗}