読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRの戯れ言日記

拙ブログは、過去に他サイトのブログサービスでやっていた「リングの戯れ言日記」というものをそのまま移動させたものです。2014年3月27日以降の記事は、gooブログの「GRの戯れ言日記2」をご覧ください。

正直に申しますと

 僕は、皆さんに陳謝しなければならない事があります。これまで僕はこのブログでオンバトに対して熱狂的なファン且つURLに設定するぐらい並々ならぬ姿勢を持っていましたが、実は元々そないにファンやなかったんですね。特に番組開始当初は、しょっちゅう観忘れてた事もありましたし。当時の僕は、関西以外の笑いに凄く抵抗があった。特に『タモリのSUPER ボキャブラ天国』排出の芸人は、許せなかった(爆笑問題くりぃむしちゅー[当時は海砂利水魚]を除く)。関東の笑い=ボキャブラっていう感覚があったから、嫌いやったんですね。だからオンバトが始まってもどうせその辺りの芸人が、出るんやろって先入観があって観る気も無かったんです。元々関西で漫才に定評のあった芸人よりもボキャブラの芸人の方が売れてた状況も気に食わんかった。→何か今のオンバト芸人よりもレッドカーペット芸人の方が、売れてるのが気に食わん と似てますね(汗)まぁ、ひた向きにネタをやり続けてる芸人を評価するし、メジャー(有名人)なものよりもマイナー(知名度の低い人)なもの好きなんが、根底にあるから僕はいつでも反大勢な気質なんやろうけどね。それはともかくとしてもファンのますおかが出てても、あまり観てなかったもんな。見始めたのは、始まって10ヶ月後ぐらいかなぁ?それでもまだ関東の芸人の時は、チャンネルを変えて馴染みのある関西の芸人の時やますおかだけオンバトを観てたわ。ただ2001年の冬に入ってからブックオフで見掛けて思わず買った松本人志(ダウンタウン)著の『松本』を読んで、目から鱗が落ちたわ。古い話やけど、曰く「大阪は笑いのメッカではない、笑いに閉鎖的なのである。それは自分がライブをしてて実感した。大阪人は笑いに対して応用が、効かない。ボケる→ツッコム→笑う の固定観念が強くてツッコミのないネタにどこで笑って良いか判らないという反応があった。対して東京人は笑いに対して柔軟で、ツッコミの無い笑いでも反応があった。あと俗に言われるのが、<大阪人は笑いに厳しい>それもちょっと違う、厳しいというより自分に身近な笑いでしか笑わないという事らしい。これはあくまで古い話であって、最近はツッコミの無い笑いやツッコミの優しい(弱い)笑いも関東に限らず関西も含めて出て来てるので、最近のお笑いファンはそうでもないやろうけど。ただ後者の身近な笑いでしか笑わないという傾向は、今の大阪にもまだあるような気がしますわ。話を元に戻すと、そういえば僕も自分に馴染みのあるものしか受け容れてない(笑ってない)わ と気付かされて徐々にオンバトの関西以外の芸人でも見るようになりましてん</太>。それでもまだ当時のオンバトのオープニングの「厳しくも温かい目で見守るのは、100人の審査員」というナレーションに毎回反応して「厳しいというよりもひいき芸人に甘い関東のお笑いをあんま分かってへん連中やろ」とボヤいてました。特に中川家が、オフエアになった時は「こいつらほんまにお笑い分かってんか!?中川家が落ちるなんて有り得へん!」って嘆いてたもんな。まだちょっと関東に対して尖ってましたね(汗)しかし段々オンバトを観るにつれて番組の魅力に惹かれていってました。特に僕の妹は、全組のネタを観ようとしてたので、それにつられるようにもなりました(=まだ若干自分が見たいだけのグループをチョイスしてましたね~)。その妹はもはやオンバトを観なくなりましたが・・・それで2002年~2003年に掛けてぐらいからようやく番組の全部を観るようになりました。特にアンタッチャブルスピードワゴンアンジャッシュの面白さに気付いたのもこの頃で、関東の笑いも好きになりました。さらにキャン×キャンタカトシで関心が増し、磁石・タイムマシーン・三拍子・ハマカーン・流れ星が、僕の関東に対する笑いに革命的変化をもたらしました。彼らはネタによっては、関西よりええわと思う時もあります!関東の笑いも元々それぐらい面白かって、僕が気付かなかっただけなんかも知れませんが、それだけ僕にとって関東の笑いも大きなウエイトを占めるようになりました。でもオンバト初期からのファンでなかった事には変わりありません。だから番組初期(ラーメンズますだおかだやDon Doko Donやアンジャッシュルート33バナナマンが、活躍してた頃)からオンバトファンやった皆さんには、到底敵いませんし、その方達にも申し訳ない気持ちもあります(謝)そうすると僕はオンバトに対して偉そうな事が言える権利が、無いのかも知れません。だから皆さんに陳謝しなければならないと思って今日このような事を告白したんです。本当に申し訳ありませんでした・・・でも形が変わってしまったけども、僕は今やオンバトファンである事は間違いありません、それだけは皆さん解って下さい・・・
 追伸。先日6試合連続二塁打を達成してたのは、西武のG.G以外に誰が居るかが、分かりました。三宅宅三(毎日)、山内一弘、ウィンディ(←すいません、フルネームは不明です。阪急)、山崎裕之(東京・ロッテ―西武)、加藤英司(秀司)[阪急―広島―近鉄―巨人―南海]、デーブ・ヒルトン(ヤクルト―阪神)、ウォーレン・クロマティ(巨人)、愛甲猛(ロッテ―中日)、タフィ・ローズ近鉄―巨人―現:オリックス)らしいです。ローズは気付かなイカンかったね。タフィはん、すんまへんな。